東横線地上跡散策の旅200620

#116

今回は、先月20日に行った「東横線地上跡散策の旅」の模様を書いていきます。

僕は、行く先々でめちゃくちゃ写真を撮ります。特に、標識や看板などは「Sign Mania」というInstagramでたくさん発信しています。

Instagramのアカウントはこちら

写真を通して、旅をした気分をぜひ味わってみてください。マニアックな写真もたくさん登場しますので、予めご了承ください…笑。

スタート地点は横浜駅。まずは東急東横線に乗って東白楽駅へと向かいました。

横浜駅は、東横線とみなとみらい線の分岐点駅名標も左右で色が異なります!

東白楽駅。19なので素数ですね!

(素数に触れるのはもはやおなじみになっています…お付き合いください笑)

改札を出て、いざ出発。この日は青空に恵まれ、絶好の散歩日和でした。

近くに地図がありました。写真右側に伸びている「東横フラワー緑道」をこれから歩きます。

緑道、2つあるんですね。

残念ながら、地下へのトンネル付近の写真がありません…

理由は、動画を撮影していたためです。散策動画も作成予定ですので、そちらを御覧いただけると嬉しいです。完成次第、この記事ブログで紹介いたします。

立派な石に刻まれた、東横フラワー緑道の文字。散歩道をひたすら歩きます。

線路を彷彿させるカラーリング。昔はここを電車が走っていたんですね。

見えてきたのは、高島山トンネル。このトンネルをくぐり、横浜駅へと向かっていったわけですね。

トンネルの中は、意外と涼しかったです。外は日差しが強くて暑かったのですが、トンネル内は快適でした。こういうトンネルをそのまま残しておくことで、歴史を感じることができます

日本史や世界史は嫌いでしたが、かつて鉄道が走っていた跡を探して歴史に浸るのは好きですね笑。興味のある内容でないと、歴史は面白くないと感じるタイプですね。

トンネルを抜けると、すぐ近くには青木橋があり、JRや京急の線路が群れをなしていますね。

この付近を歩いていたら、珍しい矢印を見ることができました。こういうのを探すのも楽しいですね。

(普通の人と比べて、視点が全く違います笑)

右斜めとUターンの矢印

斜めに2本の矢印。この形は珍しい…!

左斜めの矢印。これは準レギュラーと言えるくらい、時々見かけます。

ちょいと左にずれてまっすぐ

鶴屋町一丁目付近を散策中、とても変わったビルを見かけました。

デリス横浜ビルという建物で、側溝の蓋が壁にたくさん取り付けられています。それにしてもすごい量…!

昼間だったのでわかりませんでしたが、夜になってライトが灯ると建物はきれいに映るそうです。次は夜に見に行ってみたいです!

今回も、電柱に設置された住所を撮影しています。旅をした記念にもなると思うので、欠かさず撮るようにしています。

色々な地名が出てくるので、地理の勉強にもなりますね笑。こういう当たり前の景色にも楽しさを見出していこうと思っています。

こうして、横浜駅に到着。写真撮影をしたりして寄り道もしていますが、約45分散策しました。

思ったよりもあっという間で、とても楽しい時間を過ごすことができました。晴れているときは景色も良いので、ちょっと旅をしたいという方にはおすすめです。ぜひ散策してみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

<おまけ>

JR横浜駅から、ぼろい橋のようなものが残っているのですが、これは昔の東急線ですかね…?

(詳しい方、教えていただけると幸いです)

鉄道関連の記事一覧はこちら
 
このブログの記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA