中央線沿線旅200621【前編】

#111

今回は、先月21日に行った「中央線沿線旅」の模様を書いていきます。

僕は、行く先々でめちゃくちゃ写真を撮ります。特に、標識や看板などは「Sign Mania」というInstagramでたくさん発信しています。

Instagramのアカウントはこちら

写真が多すぎて1回では書ききれないため、【前編】【後編】に分けてお送りしていきます。今回は【前編】です。

【後編】はこちら

写真を通して、旅をした気分をぜひ味わってみてください。マニアックな写真もたくさん登場しますので、予めご了承ください…笑。

尚、今回の旅で使用したきっぷは、休日おでかけパスです。

最寄り駅から八王子に向かい、ここから中央線

八王子といえば、ホームとホームの間の線路がたくさんありますね貨物列車が頻繁に通るためです。

E233系に乗って出発。東京方面ではなく、高尾方面へ向かいました。

まずは、隣の西八王子駅へ。特に行くところもなくて滞在時間は10分ほどでした。記念に駅舎はしっかりと撮影しておきました。
すぐに次の電車に乗り、高尾駅へ。駅舎が立派で、とても格好良かったです。
中央線快速は、高尾止まりが多いです。この先は主に211系の青い電車に乗って西へ向かうことになります。

このようにオレンジと青の組み合わせになっています。4方向に駅名が書かれているのは珍しいと思ったので、思わず撮影。

近くには、京王線の高尾駅。ここから高尾山口駅へ電車で向かうことで、高尾山に行くことができます。

かなりベテランの211系

車内からの景色は、一気にのどかになりました。目の保養になりますね笑。となりの相模湖駅とは結構離れていて、電車だと8分ほどかかります。

相模湖駅へ到着。ここ、実は神奈川県です。神奈川県のとんがった所に位置しており、その次の「藤野駅」も神奈川県なのです。

ここで、特急の通過待ち。E353系が高速で通過していきました!

さて、ここで下車。駅舎が変わっていますね!ここで少し周辺を散歩しました。

たくさん地名が書かれた青看板が好きなので、どこか旅した際には撮影することが多いです。3方向、道路の番号が異なっています

なんと衝撃的だったのは、相模湖駅に降りたのに相模湖の写真を撮り忘れたということ…。何しに来たのか…。標識を撮りに来たと言うしかありません笑。ここからいくつか写真を紹介します。

国道412号線。右へかなりカーブしています。そのため、標識の下に赤い矢印も描かれています。とても親切ですね。

(後で気がつきましたが、矢印は「始まり」と「終わり」を表しているのかもしれません)

次に、20号線の標識。かなり味のあるベテランの標識でした。何年この場所を見守り続けているのでしょうか…?

指定方向外進行禁止」の異形矢印も見逃せません。ここでは、右と左にちょこんとはみ出た形の矢印を観測することができました。

次の電車もあるので、急いで駅へ戻りました。トイレに行こうと思ったら、トイレのデザインも独特。登山する人がこの駅をよく利用することがわかりました。

駅のホームはカーブしています。車両の先頭から後方まで全部見れるのは嬉しいです。良い絵になります!笑

電車に乗りながら、景色をのんびりと眺めていました。

中央線のすぐ北には中央道が走っており、定期的に間近で道路を見ることができます。これも中央線名物と言っても良いと思いますね。

四方津(しおつ)駅に到着。本来ここで降りる予定はなかったのですが、通過電車を待つために10分ほど停車するため、その間に歩き回ることにしました。

進行方向の先にはトンネルがあります。うむ。長閑ですな。

駅の階段の上から撮影。ここから通過電車の撮影をすることにしました。

お!来たー!

こういう写真が撮れると楽しいですね。

四方津駅舎「ザ・地方の駅舎」という感じがします。瓦屋根がまた良いですね…!

ということで、【前編】はここまで。【後編】ではその先への移動について書いていきます。お楽しみに!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

【後編】はこちら

鉄道関連の記事一覧はこちら
 
このブログの記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA