京王バス旅2019の記録

#109

 
今回は、京王バス旅の記録です。
 
700円
 
という安さで、京王バスに乗り放題。距離制運賃の区間もある(一律ではない)ので、かなりお得ですね。 
 
BusTrainLoverというInstagramで合計6回に分けて投稿した内容を、ここにまとめておきます。
 
Instagramはこちら

 
この投稿を見て、旅をしている気分を味わっていただけたら幸いです。
 
★京王バス旅
 
旅の日程:2019年11月9日(土)
 
移動経路:狛江→つつじヶ丘→調布→吉祥寺→武蔵小金井→府中→国立→聖蹟桜ヶ丘→多摩センター→豊田
 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【京王バス旅その1】 日時:2019年11月9日(土) 1 丘31系統 狛江駅北口→つつじヶ丘駅南口 8:05→8:19 人生で初めて、小田急線の狛江駅で降りた。 ここから乗るのは、京王バス。小田急バスではない。乗らないので写真だけは撮っておいた。 雲の隙間から晴れ間も見える複雑な空模様の中、旅はスタートした。 乗ったのは紺の車両。京王といえばピンクと紺のイメージがあるが、最近は紺色ベースの斬新なカラーも走っている。 さて、つつじヶ丘駅に到着した。バスを降りると目の前にはホームが見え、9000系がお出迎えしてくれた。 踏切を渡り、線路の反対側へ。線路の分岐点が間近にあったので、ついつい見てしまった笑。 さて、駅チカの蕎麦屋でそばを食べた後、向かった先は… カラオケ! 9時開店だったのでそのタイミングで行ったのですが、大混雑でした…。 それよりも、どうしてカラオケ? 歌いたかったから。ただそれだけ。旅には色んな要素があってもいいと思ったのです。2時間ほどですが熱唱しました笑。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #京王バス #Keio #1日乗車券 #旅 #丘31 #狛江駅北口 #つつじヶ丘駅南口 #小田急 #人生初 #紺 #ピンク #つつじヶ丘 #9000系 #線路 #踏切 #分岐点 #ポイント #蕎麦 #カラオケ #熱唱 #まねきねこ #混雑 #Karaoke

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【京王バス旅その2】 日時:2019年11月9日(土) ★ 京王線 区間急行 橋本行 つつじヶ丘→調布 2 吉14系統 調布駅北口→吉祥寺駅 12:02→12:42 カラオケで気持ちよく熱唱した後、今度は京王線に乗車。一つのバス会社だけで色々な所を移動するのは、意外と難しいのです。 調布駅は地下化されています。ホームからトンネルを除くと、本線と相模原線が分岐している様子が見えました。双方向から同時に列車がやってくる様子を、いつか撮影してみたいです! 地上に出ると、バスターミナルが広がっていた。バスを待つ乗客がかなりいました。どこに乗れば良いのかわからず、色々と歩き回ってしまった。 本当は三鷹駅へ行こうと思ったのだが、乗りたいバスがやって来ず…。仕方なくやってきた吉祥寺駅行きのバスに乗った。これで何とか軌道修正ができそうであった。 バスの案内画面を見てみた。手すりやつり革につかまるようにという案内。数字好きの僕は、気づいてしまった。 手すりとつり革で、数字の「10」が作れてしまうということを…笑。99.9%くらいの人にはどうでも良いかもしれません笑。 あと、「とまります」ボタンの押すところが丸くなっていて、昔ながらの物だな〜と思った(昔のものなのかはわからない)。こういうちょっとした物に反応してしまうので、普段の生活がいかに刺激的なものであるかがおわかりいただけるかもしれません…。 バスは吉祥寺駅に到着した。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #京王バス #Keio #1日乗車券 #旅 #京王 #Keio #区間急行 #橋本 #Hashimoto #つつじヶ丘 #調布 #吉14 #調布駅北口 #吉祥寺駅

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【京王バス旅その3】 日時:2019年11月9日(土) ★ JR中央線快速 吉祥寺→武蔵小金井 またしても電車です…。とはいえ仕方ないです。 京王バスは基本的に、京王線沿いの駅を起点にして各方面にバスが走っている。ずっと京王線沿いを移動することはできないので、どこか違う路線の駅へ行くことになる。 そこから別系統の京王バスが走っていれば良いが、必ずしもそうとは限らない。同じ道を戻りたくはないので、電車に乗るか別会社のバスに乗るかになってしまう。 電車の方がコストを低く、かつ効率良く遠くへ行けるので、バスが走っている駅まで移動するというのが常套手段になっている。都営バスの旅でも、同じことをやっていた。 さて、旅の話に戻します。 吉祥寺駅からは、西へ。武蔵小金井駅まで移動した。 中央線に乗るわけだが、様々な色の電車が走っているのが面白い。中央線快速のオレンジ(E233系)、中央線各駅停車の黄色(E231系)、東京メトロ東西線の青(05系、07系、15000系、JRE231系)。あと、特急あずさ(E353系)も走っていますね。 これらの車両を、乗っている電車の先頭から眺めた。途中、車庫があったので、一度に大量の車両を見ることができた。全面展望の眺めは、いつも楽しい気分にさせてくれますね。 武蔵小金井駅に到着。ここから再び京王バスに乗りました。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #京王バス #Keio #1日乗車券 #旅 #JR #JR東日本 #中央線 #快速 #吉祥寺 #武蔵小金井 #快速 #オレンジ #E233系 #各駅停車 #E231系 #東京メトロ #東西線 #05系 #07系 #15000系 #特急あずさ #E353系 #全面展望

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【京王バス旅その4】 日時:2019年11月9日(土) 3 武71系統 武蔵小金井駅南口→府中駅 13:25→13:48 4 国17系統 府中駅→国立駅南口 14:08→14:36 さてさてここからは、今までとは違うことがありました。 それは、距離制運賃です。今までは運賃が一律だったのですが、このバスからはどこに行くかで運賃が変わってきます。 東急バスや都バスをたくさん乗ってきましたが、すべて一律でした。珍しいことではありませんが、距離によって運賃が変わることに新鮮さを感じていました…笑。 バスは、京王線の府中駅へ。北口には、ラクビーのオブジェが堂々と立っていました。かなり目立ちますね。駅舎は結構立派で、バス停も充実。とても便利な場所だなと思いました。 府中からは、また北上しました。中央線の武蔵小金井駅から京王線の府中駅へ行き、今度はまた中央線の国立駅へ。行ったり来たりしています。普通だとこんな移動はできないので、乗っているだけでワクワクしてました笑。 車内の押しボタンが、【京王バス旅その2】で紹介したものとは違いました。今回の押しボタンの方がよく見かけると思いますね。こういう違いに気づけるのも楽しいです! (なかなかの変人です…) バスは国立駅に到着。ここからついに、あのバスに乗れました! (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #京王バス #Keio #1日乗車券 #旅 #武71 #武蔵小金井駅南口 #府中駅 #国17系統 #府中駅 #国立駅南口 #運賃 #距離制 #一律 #変動 #オブジェ #ラクビー #駅舎 #立派 #バス停 #充実 #止まります #ボタン #一般的

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【京王バス旅その5】 日時:2019年11月9日(土) 5 国18系統 国立駅南口→聖蹟桜ヶ丘駅 14:50→16:23 6 桜62系統 聖蹟桜ヶ丘駅→多摩センター駅 15:47→16:09 「あのバス」とは、京王カラーでお馴染みの車体のバスのことです。 ピンクと紺のコンビネーションは、京王らしさを表しています。 さて、このバスに乗ってひたすら南下。途中、南武線の谷保駅近くの踏切を通過。さらには多摩川を渡り、聖蹟桜ヶ丘駅へ。 1時間半もかかりました。こんなに乗り続けたことはなかなかありませんね…。 ただ、この区間は電車だと最低2回は乗り継ぎが必要なので、需要のあるバスではないかと思います。 (電車だと、国立→(中央線)→立川→(南武線)→分倍河原→(京王線)→聖蹟桜ヶ丘) 聖蹟桜ヶ丘からは、さらに南下。京王相模原線の多摩センターへ行きました。途中、前方には京王らしさ全開のバスがいました。 この色が好きなんですよね。ついつい撮影してしまいました…笑。 バスは多摩センターに到着。気づけばもう夕方。そろそろ旅も終わりを迎えそうです。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #京王バス #Keio #1日乗車券 #旅 #国18 #国立駅南口 #聖蹟桜ヶ丘駅 #桜62 #多摩センター駅 #京王らしさ #ピンク #紺 #南武線 #谷保 #京王 #電車 #乗継 #大変 #京王相模原線 #夕方 #旅 #終盤

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【京王バス旅その6】 日時:2019年11月9日(土) 7 豊33系統 多摩センター駅→豊田駅南口 16:40→17:06 多摩センターでは、美味しいパンをいただきました。もはや、パン屋に寄るのは旅の定番になっていますね笑。 広いバスターミナルで、次に乗るバスを待った。ここまで色々と楽しんできた。午前中にはカラオケに行き、その後はバスに乗ったり電車に乗ったりしてきた。とても充実していたなと思う。 やってきたバスは、なんとピンク…!見たことあるなーと思ったら、京王線の最新車両と同じデザインだった。こういうバスがあるのは知らなかった。 多摩モノレール沿いを走行し、その後中央大学へ。広いバスのりばにやってきたが、人は誰もいなかった。もう夕方。日も沈もうとしていた。 西の空を見ながら、バスは進み続けた。途中、京王線の線路も見ることができた。夕方5時過ぎ、ついに豊田駅に到着。長いバス旅が、これで終わった。 改めて感じたのは、一つのバス会社だけで旅をするのは難しいということ。大規模のバスでないと、途中電車に乗ったりしないといけない。それはそれで楽しいのだが、バス旅の限界を感じたのだった。 この日を最後に、しばらくバス旅はしていない。ですが、また旅をしてみたいと思った。徐々に外出も緩和されてきているので、路線図を見ながら計画を立ててみようと思います。 ひとまず、京王バス旅シリーズはこれで終わりです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 (終わり) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #京王バス #Keio #1日乗車券 #旅 #豊33 #多摩センター駅 #豊田駅南口 #パン #ベルベ #新型車両 #ピンク #5000系 #多摩モノレール #中央大学 #豊田 #バス旅 #限界 #外出 #緩和 #路線図 #計画

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
最後までご覧いただき、ありがとうございました。
 
鉄道関連の記事一覧はこちら
 
このブログの記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA