暗算を上達させるために必要なこと

#106

 
子どもたちにそろばんを教えているわけですが、教えているからには上手になってほしいなと思っています。
 
特に、暗算の力はこの先もずっと役立つものであり、たとえ難しい問題であっても果敢に挑戦してもらいたいですね。
 
そこで今回は、今まで僕が暗算の練習をしてきて考えた「上達に必要なこと」を書いてみようと思います。
 
あくまでも僕が考えた内容のため、「え?それはどうなの…?と思うものも中にはあるかもしれません。あくまでも参考程度に読んでいただければと思います。主に、ある程度暗算ができて段の合格を目指している方向けですかね…?
 
音声動画はこちら↓
「バツ直し」の際の指導方法に関する内容についても語っています。

★大前提として、好きであることが大切!

 
やる気は大事だ!
 
という精神論をあまり語りたくはないのですが、何かを上達させたいとき、やる気は重要な要素となります。別の言い方をするなら、好きであればあるほど早く上達します
 
もちろん、好きでなくても上達するかもしれませんが、好きな人よりは上達のスピードは遅くなってしまいます。
 
上手になれるように指導はしていますが、そろばんや暗算を好きになるかならないか」は本人次第です。
 
(もちろん、好きになれるように指導しようと努めています)
 
自分の好きなことをしているときって、とても楽しいですよね時間を忘れて没頭してしまうときもあります。
 
僕が一番そろばんの練習をしたのは、中学2年のとき。夏休みは週5, 6で午後3時から9時まで、ほぼ休憩なしで練習していました(トイレ休憩くらいですかね)。
 
その時は、暗算の力がグッと伸びました。アバカスサーキットという通信競技においては、1年間でF0(難しいレベルの問題)の点数が100点近く伸びました。
 
「好きかどうか」というのはとても重要です。ぜひとも、そろばんを「好き」になってほしいですね。そう思ってもらえるように、自分の指導力や対応力を上げていきたいです。
 

★コツコツ練習

 
僕自身、最近はあまり暗算の練習ができていません…。他にもやりたいことがたくさんあるからです。
 
練習をコツコツやらないと暗算力は落ちてしまいます今までできていたことが、突然できなくなってしまったということもよくあります。
 
1日15分とかでも良いのです教室に来れないのであれば、家でも構いません。練習する時間を確保すれば、上達へと繋がっていくはずです。
 

★バツを悔しがるーバツ直しを徹底

 
僕が練習において一番やるべきだと思っていることは、「バツ直し」ですね。
 
どうしても、時間の関係でバツ直しの時間があまり取れないことがあります。そこで、家でも良いのでバツ直しを徹底してやってほしいです。
 
自分がどういう間違いをしやすいのか
 
がわからないと、練習の度にバツが出てしまいます。それが習慣になってしまうと、「2, 3個のバツくらいならいいや」と考えてしまいがちです。
 
それではダメなのです。バツは直さないといけません。もっと言えば、バツが出たら悔しがってほしいのです。
 
次練習するときにバツが出ないためには、どうすべきか?
 
それを常に考え、バツ直しを徹底していく。その意識を持つだけで、大分変わってきます。できれば、自分のミスのパターンがわかると良いですね。
 
僕の例を挙げると、見取算が苦手でよく間違えます。特に3桁の暗算で4000から5000に繰り上がるときに、なぜか6000になってしまうことがあるのです。
 
バツ直しをやっていたことにより、上記のことに気がつきました。4000から5000の繰り上がりのときは気をつけようと意識することで、バツを減らすことができました。
 
後は、ミスがたくさん出たときはペース配分も見直します。「ここの列はバツが多いから、もう少しゆっくりやってバツを無くそう」といった感じです。
 
僕がやっていることは、そんなに難しくありません。ぜひとも実践していただきたいと思います。
 

 

★自分で練習のルールを決める

 
自分のミスのパターンや特徴がわかった場合は、自分で練習の仕方を工夫してみると良いかなと思います。
 
例えば、僕はアバガスサーキットの練習において、かけざん・わりざん・見取算の制限時間をバラバラにしています。
 
すべての種目において、全力で埋められるスピードというのは変わってきます。全部を5分で測るよりも、各種目ギリギリで埋められそうなタイムを制限時間にすると良い練習になるかなと思ったのです。
 
(かけざん→4分、わりざん→3分、見取算→4分半、といった感じです)
 
自分がどういう練習をしたいかによって、やり方は変わってきます。
 
スピードを重視するなら、いつもよりも制限時間を短めに設定する。
 
難しい問題に挑戦するなら、少し制限時間を長くしてみる。などなど。
 
やり方は様々です。正解はありません。自分にあった練習方法を模索してみましょう。
 

★競争意識を持ちすぎないー自分のペースでやる!

 
暗算の能力向上において、周りに上手な人がいるかどうかは大きく関係します。
 
あの人みたいに上手になりたい」「あの人のこういうところを目標にしたいといった気持ちが出てくるはずです。そういう気持ちは人を強くし、暗算力アップに大きく貢献していきます。
 
僕は元々他の塾に通っていたわけですが、今の塾に移ってからレベルの違いを実感しました…。上手な人がたくさんいました。
 
あの人たちに追いつきたい
 
そんな思いが自分を強くしてくれましたね。おかげで暗算(全珠連)とフラッシュ暗算で十段を取ることができました。
 
ライバルというのはとても大切な存在ですが、一つ注意しないといけないことがあります。それは、
 
「競争意識を持ちすぎてはいけない」
 
ということです。「誰かに勝ちたい」という気持ちがあるかもしれませんが、それよりも大切にしてほしいのは、「自分の目標を達成したいという気持ちです。
 
競争意識を持ちすぎると、相手が「仲間」というよりも「に見えてきてしまいます(あの人に勝ちたい!と思っているわけなので)。
 
もし大会でライバルに負けたとき、素直に相手の勝利を喜べなくなってしまうのです。自分の目標があるのに、それよりも高い目標を設定して無理をしてしまうということもありますね。
 
あくまでも「自分の目標を達成するという気持ちで臨むべきです。そうすれば自然と、結果はついてくるはずです。
 

★最後に

 
ここまで色々と書いてきましたが、いかがだったでしょうか?
 
強調しておきたいのは、スピードの差こそあれ、誰でも実力は伸ばせるということです。
 
最後まで諦めないで練習できるか
 
が大事になってきますね。
 
また、もう一つ伝えておきたいことがあります。それは、
 
そろばんは生涯取り組める趣味である
 
ということです。
 
僕は小学生のときにそろばんと出会い、そこから中学、高校、大学、大学院、社会人になっても続けています。やっていて楽しいし、もっと長く続けていきたい。少しでも実力を上げたいと思っているからです。
 
中学での部活動や大学受験を期に引退してしまう人が多いように思います。
 
僕も一度引退しましたが、また復帰しました。そろばんは何歳になってもできるのです。あとは「やりたい」という気持ちが残っているかどうかですね。
 
ぜひとも、そろばんは長く続けていただきたいです!
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
マイオピニオンの記事一覧はこちら
 
このブログの記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA