【一部有料】会社を辞めた理由③「〇〇が自由に言えないことがわかったから」

#105

 
会社を辞めてから、約4ヶ月が経ちました。
 
辞める前と比べると、今は自由に生きることができていますそろばんの指導は楽しいですし、良い子どもたちにも恵まれています。
 
新型コロナウイルスの影響により、就活で苦労されている方も多いかと思います。以前は就活についての考え方を(偉そうに)書いていましたね。
 

 

 

 
 
今までは、「就活する上でこのブログを参考にしてみてくださいと言っていましたが、今はもう違います。
 
こういう考え方の人もいるんだよということを知っていただければと思います。必ずしも、会社でうまくやっていける人ばかりではないのです。
 
「ブログは自分史作りである」
 
というのが自分のモットーなので、「どうして会社を辞めたのかをしっかりと記録しておきたいと思うようになりました。
 
色々と理由があります。色々と迷い、色々と相談した結果、辞める決意をしたのです(色々が多い笑)。
 
今回は、会社を辞めた理由の一つを紹介します。考え方は人それぞれなので、あくまでも一意見として捉えていただければと思います。
 
今回の内容は事情により、途中から有料記事とさせていただきました。読みたい方のみ読んでいただければと思っています。よろしくお願いいたします。
 
辞めた理由①

 
辞めた理由②

辞めた理由③:「自分の意見が自由に言えないことがわかったから」
 
内容はこちら↓
(途中まで無料で読めます)

 

有料部分が多いですが、これだけは知ってほしいということをここに書いておきます。

それは、「自分の意見が自由に言えないこと」は「息ができないこと」と同じくらい苦しいことであるということです。

アイデアがたくさん頭から出てくるので、それを整理して内容をはっきりさせるために、さまざまなツールを使って発信しています。

特定の人への誹謗中傷は、もちろんしません。議論の必要があると思う内容について、自分の意見を書いています。自分の胸の奥に秘めたままだと、精神的に苦しくなってしまうからです。

自分の意見というのは、周りの人全員に共感されるものではありません。1割の人には共感され、9割の人には批判されるかもしれません。

しかし、自分の考えをしっかり発信することは大切だと思っています。意見が違う人とは衝突するかもしれませんが、考え方に正解はありません。相手が間違っているかもしれないし、その逆もありえます。できれば、意見が違う人と対等に話をする機会があるといいなと思っています。

昔の自分の考え方が、今の自分とは全く違うこともあります。いろいろな経験を積み重ねていくわけなので、それは当然のことですね。

僕はブログを「自分史作り」だと思って書いています。自分の考え方がどう変化したのかを振り返る良い方法になっているので、僕にとっては欠かせないものですね。

意見を言わないで相手に流されるような人間にはなりたくありません。たとえ周りと考え方が違っていても、自分の考えをしっかり持てるような人間になりたいです。そんな人間になるために、これからも発信を続けていくつもりです。

こいつの意見は独特だから、読んでやってもいいや」というような軽い気持ちで読んでいただけると嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
 
 
辞めた理由①

 
辞めた理由②

 
マイオピニオンの記事一覧はこちら
 
このブログの記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA