京王バス旅2019の記録

#109

 
今回は、京王バス旅の記録です。
 
700円
 
という安さで、京王バスに乗り放題。距離制運賃の区間もある(一律ではない)ので、かなりお得ですね。 
 
BusTrainLoverというInstagramで合計6回に分けて投稿した内容を、ここにまとめておきます。
 
Instagramはこちら

 
この投稿を見て、旅をしている気分を味わっていただけたら幸いです。
 
★京王バス旅
 
旅の日程:2019年11月9日(土)
 
移動経路:狛江→つつじヶ丘→調布→吉祥寺→武蔵小金井→府中→国立→聖蹟桜ヶ丘→多摩センター→豊田
 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【京王バス旅その1】 日時:2019年11月9日(土) 1 丘31系統 狛江駅北口→つつじヶ丘駅南口 8:05→8:19 人生で初めて、小田急線の狛江駅で降りた。 ここから乗るのは、京王バス。小田急バスではない。乗らないので写真だけは撮っておいた。 雲の隙間から晴れ間も見える複雑な空模様の中、旅はスタートした。 乗ったのは紺の車両。京王といえばピンクと紺のイメージがあるが、最近は紺色ベースの斬新なカラーも走っている。 さて、つつじヶ丘駅に到着した。バスを降りると目の前にはホームが見え、9000系がお出迎えしてくれた。 踏切を渡り、線路の反対側へ。線路の分岐点が間近にあったので、ついつい見てしまった笑。 さて、駅チカの蕎麦屋でそばを食べた後、向かった先は… カラオケ! 9時開店だったのでそのタイミングで行ったのですが、大混雑でした…。 それよりも、どうしてカラオケ? 歌いたかったから。ただそれだけ。旅には色んな要素があってもいいと思ったのです。2時間ほどですが熱唱しました笑。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #京王バス #Keio #1日乗車券 #旅 #丘31 #狛江駅北口 #つつじヶ丘駅南口 #小田急 #人生初 #紺 #ピンク #つつじヶ丘 #9000系 #線路 #踏切 #分岐点 #ポイント #蕎麦 #カラオケ #熱唱 #まねきねこ #混雑 #Karaoke

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【京王バス旅その2】 日時:2019年11月9日(土) ★ 京王線 区間急行 橋本行 つつじヶ丘→調布 2 吉14系統 調布駅北口→吉祥寺駅 12:02→12:42 カラオケで気持ちよく熱唱した後、今度は京王線に乗車。一つのバス会社だけで色々な所を移動するのは、意外と難しいのです。 調布駅は地下化されています。ホームからトンネルを除くと、本線と相模原線が分岐している様子が見えました。双方向から同時に列車がやってくる様子を、いつか撮影してみたいです! 地上に出ると、バスターミナルが広がっていた。バスを待つ乗客がかなりいました。どこに乗れば良いのかわからず、色々と歩き回ってしまった。 本当は三鷹駅へ行こうと思ったのだが、乗りたいバスがやって来ず…。仕方なくやってきた吉祥寺駅行きのバスに乗った。これで何とか軌道修正ができそうであった。 バスの案内画面を見てみた。手すりやつり革につかまるようにという案内。数字好きの僕は、気づいてしまった。 手すりとつり革で、数字の「10」が作れてしまうということを…笑。99.9%くらいの人にはどうでも良いかもしれません笑。 あと、「とまります」ボタンの押すところが丸くなっていて、昔ながらの物だな〜と思った(昔のものなのかはわからない)。こういうちょっとした物に反応してしまうので、普段の生活がいかに刺激的なものであるかがおわかりいただけるかもしれません…。 バスは吉祥寺駅に到着した。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #京王バス #Keio #1日乗車券 #旅 #京王 #Keio #区間急行 #橋本 #Hashimoto #つつじヶ丘 #調布 #吉14 #調布駅北口 #吉祥寺駅

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【京王バス旅その3】 日時:2019年11月9日(土) ★ JR中央線快速 吉祥寺→武蔵小金井 またしても電車です…。とはいえ仕方ないです。 京王バスは基本的に、京王線沿いの駅を起点にして各方面にバスが走っている。ずっと京王線沿いを移動することはできないので、どこか違う路線の駅へ行くことになる。 そこから別系統の京王バスが走っていれば良いが、必ずしもそうとは限らない。同じ道を戻りたくはないので、電車に乗るか別会社のバスに乗るかになってしまう。 電車の方がコストを低く、かつ効率良く遠くへ行けるので、バスが走っている駅まで移動するというのが常套手段になっている。都営バスの旅でも、同じことをやっていた。 さて、旅の話に戻します。 吉祥寺駅からは、西へ。武蔵小金井駅まで移動した。 中央線に乗るわけだが、様々な色の電車が走っているのが面白い。中央線快速のオレンジ(E233系)、中央線各駅停車の黄色(E231系)、東京メトロ東西線の青(05系、07系、15000系、JRE231系)。あと、特急あずさ(E353系)も走っていますね。 これらの車両を、乗っている電車の先頭から眺めた。途中、車庫があったので、一度に大量の車両を見ることができた。全面展望の眺めは、いつも楽しい気分にさせてくれますね。 武蔵小金井駅に到着。ここから再び京王バスに乗りました。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #京王バス #Keio #1日乗車券 #旅 #JR #JR東日本 #中央線 #快速 #吉祥寺 #武蔵小金井 #快速 #オレンジ #E233系 #各駅停車 #E231系 #東京メトロ #東西線 #05系 #07系 #15000系 #特急あずさ #E353系 #全面展望

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【京王バス旅その4】 日時:2019年11月9日(土) 3 武71系統 武蔵小金井駅南口→府中駅 13:25→13:48 4 国17系統 府中駅→国立駅南口 14:08→14:36 さてさてここからは、今までとは違うことがありました。 それは、距離制運賃です。今までは運賃が一律だったのですが、このバスからはどこに行くかで運賃が変わってきます。 東急バスや都バスをたくさん乗ってきましたが、すべて一律でした。珍しいことではありませんが、距離によって運賃が変わることに新鮮さを感じていました…笑。 バスは、京王線の府中駅へ。北口には、ラクビーのオブジェが堂々と立っていました。かなり目立ちますね。駅舎は結構立派で、バス停も充実。とても便利な場所だなと思いました。 府中からは、また北上しました。中央線の武蔵小金井駅から京王線の府中駅へ行き、今度はまた中央線の国立駅へ。行ったり来たりしています。普通だとこんな移動はできないので、乗っているだけでワクワクしてました笑。 車内の押しボタンが、【京王バス旅その2】で紹介したものとは違いました。今回の押しボタンの方がよく見かけると思いますね。こういう違いに気づけるのも楽しいです! (なかなかの変人です…) バスは国立駅に到着。ここからついに、あのバスに乗れました! (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #京王バス #Keio #1日乗車券 #旅 #武71 #武蔵小金井駅南口 #府中駅 #国17系統 #府中駅 #国立駅南口 #運賃 #距離制 #一律 #変動 #オブジェ #ラクビー #駅舎 #立派 #バス停 #充実 #止まります #ボタン #一般的

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【京王バス旅その5】 日時:2019年11月9日(土) 5 国18系統 国立駅南口→聖蹟桜ヶ丘駅 14:50→16:23 6 桜62系統 聖蹟桜ヶ丘駅→多摩センター駅 15:47→16:09 「あのバス」とは、京王カラーでお馴染みの車体のバスのことです。 ピンクと紺のコンビネーションは、京王らしさを表しています。 さて、このバスに乗ってひたすら南下。途中、南武線の谷保駅近くの踏切を通過。さらには多摩川を渡り、聖蹟桜ヶ丘駅へ。 1時間半もかかりました。こんなに乗り続けたことはなかなかありませんね…。 ただ、この区間は電車だと最低2回は乗り継ぎが必要なので、需要のあるバスではないかと思います。 (電車だと、国立→(中央線)→立川→(南武線)→分倍河原→(京王線)→聖蹟桜ヶ丘) 聖蹟桜ヶ丘からは、さらに南下。京王相模原線の多摩センターへ行きました。途中、前方には京王らしさ全開のバスがいました。 この色が好きなんですよね。ついつい撮影してしまいました…笑。 バスは多摩センターに到着。気づけばもう夕方。そろそろ旅も終わりを迎えそうです。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #京王バス #Keio #1日乗車券 #旅 #国18 #国立駅南口 #聖蹟桜ヶ丘駅 #桜62 #多摩センター駅 #京王らしさ #ピンク #紺 #南武線 #谷保 #京王 #電車 #乗継 #大変 #京王相模原線 #夕方 #旅 #終盤

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【京王バス旅その6】 日時:2019年11月9日(土) 7 豊33系統 多摩センター駅→豊田駅南口 16:40→17:06 多摩センターでは、美味しいパンをいただきました。もはや、パン屋に寄るのは旅の定番になっていますね笑。 広いバスターミナルで、次に乗るバスを待った。ここまで色々と楽しんできた。午前中にはカラオケに行き、その後はバスに乗ったり電車に乗ったりしてきた。とても充実していたなと思う。 やってきたバスは、なんとピンク…!見たことあるなーと思ったら、京王線の最新車両と同じデザインだった。こういうバスがあるのは知らなかった。 多摩モノレール沿いを走行し、その後中央大学へ。広いバスのりばにやってきたが、人は誰もいなかった。もう夕方。日も沈もうとしていた。 西の空を見ながら、バスは進み続けた。途中、京王線の線路も見ることができた。夕方5時過ぎ、ついに豊田駅に到着。長いバス旅が、これで終わった。 改めて感じたのは、一つのバス会社だけで旅をするのは難しいということ。大規模のバスでないと、途中電車に乗ったりしないといけない。それはそれで楽しいのだが、バス旅の限界を感じたのだった。 この日を最後に、しばらくバス旅はしていない。ですが、また旅をしてみたいと思った。徐々に外出も緩和されてきているので、路線図を見ながら計画を立ててみようと思います。 ひとまず、京王バス旅シリーズはこれで終わりです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 (終わり) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #京王バス #Keio #1日乗車券 #旅 #豊33 #多摩センター駅 #豊田駅南口 #パン #ベルベ #新型車両 #ピンク #5000系 #多摩モノレール #中央大学 #豊田 #バス旅 #限界 #外出 #緩和 #路線図 #計画

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
最後までご覧いただき、ありがとうございました。
 
鉄道関連の記事一覧はこちら
 
このブログの記事一覧はこちら

都営バス旅2019の記録

#108

 
今回は、都営バス旅の記録です。
 
500円
 
という安さで、都営バスに乗り放題。東京都の中心や多摩地域を中心に旅をすることができます。
 
BusTrainLoverというInstagramで合計17回に分けて投稿した内容を、ここにまとめておきます。
 
Instagramはこちら

 
 
この投稿を見て、旅をしている気分を味わっていただけたら幸いです。
 
これまで2つの旅をしてきたので、順番に紹介します。
 
都営バス旅1
 
旅の日程:2019年10月6日(日)
 
移動経路:渋谷→池袋→巣鴨→駒込→秋葉原→葛西→葛西臨海公園→錦糸町→東京スカイツリー→新橋→渋谷
 
(巣鴨→駒込:山手線)
 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【都営バス旅その1】 日時:2019年10月6日(日) 1 池86系統 渋谷駅東口→池袋駅東口 9:07→9:35 今回からは都営バスの旅記録を更新していく。 東急バスでは都心を回れないことに気づき、都バスに興味を持った。 出発は渋谷駅。ここはいろんな方向にバスが伸びている大ターミナルである。 乗り場所も色々とあるので、地図を見て場所を確認。バス停へと向かった。道路には系統名が丁寧に書かれている場所もあった。 旅をしていた当時は、銀座線渋谷駅移設工事は進行中だった。というか、渋谷駅は工事現場のイメージが強すぎるほど工事をしている。数年経ったら別世界になっているかもしれない。 さて、東口のバス停から乗車し、まずは池袋へ。実は、都バスに乗るのが人生初でした(おそらくですが…乗った記憶がありません)。 車体の色、車内の座席、案内画面すべてが初めましてだった。マスコットキャラクターである「みんくる」がお出迎えしてくれている気がした。 こうして、初の都営バス旅が始まった。東急バスとはまた違う景色が楽しめることは間違いない。 #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #都営バス #Toei #1日乗車券 #旅 #池86 #渋谷駅東口 #池袋駅東口 #渋谷 #ターミナル #銀座線 #移設工事 #人生初 #車体 #座席 #案内画面 #マスコットキャラクター #みんくる #お出迎え

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【都営バス旅その2】 日時:2019年10月6日(日) 2 草63系統 池袋駅東口→巣鴨駅前 9:48→10:03 ★ 山手線 巣鴨→駒込 池袋に到着したものの、とくに観光する予定もなかったので、すぐに次のバスへ乗り換えた。 バスに乗るときは、先頭の高い座席に座るのが好きである。運転席からの広い眺めが見れるからだ。 新型コロナウイルスの影響により、現在先頭座席が封鎖されてしまっています。徐々に緩和され、いずれは先頭に座って旅をしたいものです。 運転席から景色を眺めていると、色々は標識や青看板を見ることができる。特に青看板は色んな形が見れたので、このシリーズで紹介していこうと思う。 バスは浅草行きだが、巣鴨で下車。良い乗り換えが思いつかなかったので、ここからは一度山手線に乗って隣の駒込駅へ行くことにした。 バス旅で電車に乗ったのは初めてだったが、良い気分転換になりますね!おかげで金色のスペーシアも見ることができました。 隣への移動だったので、すぐに電車を降りました。バス旅もすぐに再開です笑。 #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #都営バス #Toei #1日乗車券 #旅 #草63 #池袋駅東口 #巣鴨駅前 #JR #JR東日本 #山手線 #巣鴨 #駒込 #標識 #青看 #青看板 #スペーシア #金色 #先頭座席 #浅草

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【都営バス旅その3】 日時:2019年10月6日(日) 3 茶51系統 駒込駅南口→秋葉原駅前 10:22→10:43 山手線で駒込駅へ。湘南新宿ラインのE233系を拝んだ後、バス停に向かった。 さて、雨が本格的に降り始めてしまった。相変わらず先頭座席を陣取ったものの、たくさんの雨粒で景色は見えにくかった。 途中、東大の有名な赤門を通った。しかし、雨で微かに面影が見えた程度であった。テレビでよく見る光景だけに、見れて少し嬉しかった。 バスは秋葉原に到着。雨は幸い小雨になっており、ずぶ濡れにならずに済んだ。ここで昼休憩。 線路の方に目を向けると、ちょうど北陸新幹線のE7系が通り過ぎた。きれいな車両ですね。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #都営バス #Toei #1日乗車券 #旅 #茶51 #駒込駅南口 #秋葉原駅前 #山手線 #駒込 #湘南新宿ライン #E233系 #雨 #景色 #見えにくい #東大 #赤門 #北陸新幹線 #E7系

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【都営バス旅その4】 日時:2019年10月6日(日) 4 秋26系統 秋葉原駅前→葛西駅前 11:21→12:09 5 臨海28甲系統 葛西駅前→葛西臨海公園駅前 12:22→12:32 気がつくと、葛西駅が見えていた。 この日は、渋谷駅9時出発に間に合うように、朝7時に起きて準備をしていた。眠気は当然やってきたのだった。 しかも食後だったため、少し目を閉じただけですぐに夢の世界へと吸い込まれてしまった。よって、景色は全く見れなかった。しかし、眠気は完全に無くなったので、今後の移動は問題なさそうだった。 さて、写真にはないが、葛西駅といえば地下鉄博物館ですね。一度入ったことがあったが、昔の車両や歴史を知ることができて面白かった。また訪れたいです。 葛西駅からは、臨海28「甲」系統で葛西臨海公園へ。ちなみに、臨海28「乙」系統も存在する。途中で枝分かれするため、区別するために「十干(じっかん)」が使われている。 葛西臨海公園に来たのは、これが人生初だった。景色が広々としており、多くの方が訪れていた。 都バスに乗って海を眺めることができたのは、なんだか意外だった。都心だけを回っていると思っていたが、かなり広範囲をカバーしているのである。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #都営バス #Toei #1日乗車券 #旅 #秋26 #秋葉原駅前 #葛西駅前 #臨海28甲 #葛西駅前 #葛西臨海公園駅前 #眠気 #食後 #地下鉄博物館 #十干 #人生初 #葛西臨海公園 #広範囲

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【都営バス旅その5】 日時:2019年10月6日(日) 葛西臨海公園を散策し、駅の反対側へ向かうことにした。 葛西臨海公園駅は高い所にある。遠くからではあるが、わずかに京葉線や武蔵野線の車両を見ることができた。乗りたいところだったが、今回はバス旅なので遠慮しておいた。 駅には自由通路的なものがなかったため、東側へ移動してから大きな道路を渡り、線路の反対側へと移った。少し遠回りをしないといけなかった。 それにしても、大きな道路だなと。4車線それぞれに、行き先が書かれていた。近くには、湾岸道路と環七通りが交差する標識も見ることができた。これがきれいなのでついつい写真を撮りたくなります笑。 湾岸道路沿いをずっと歩いていくと、ようやく車庫が見えてきた。緑とオレンジのきれいな都バスを、同時にたくさん見れたのは初めてだった。電車の車庫もいいけど、バスの車庫もいいですね! ここからまた、バスに乗ります。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #都営バス #Toei #1日乗車券 #旅 #葛西臨海公園 #葛西臨海公園駅 #JR #京葉線 #武蔵野線 #遠回り#環七 #湾岸道路 #4車線 #広い #車庫 #臨海車庫 #ワクワク

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【都営バス旅その6】 日時:2019年10月6日(日) 6 錦22系統 臨海車庫→錦糸町駅前 13:41→14:13 臨海車庫には、「臨海車庫」と「臨海車庫前」という2つのバス停が存在する。なぜなのかが不思議でならない。統一してはいけない特別な事情があるのだろうか…? さて、車庫から満を持して登場したバスに乗り、臨海エリアを脱出した。錦糸町へ向かう。 途中、地上区間の東京メトロ東西線と出会った。車両の下半分しか見えなかったが、それはそれで良い景色だった。 大きな荒川を通過。よく勘違いしてしまうのだが、この川は東京と千葉の県境ではない。というか、都バスが走っている時点で、今までずっと東京内を走っている(例外もあるが)。 県境を意識してしまうあたり、まだまだ都バス旅の初心者であるということかもしれない。 錦糸町駅に到着。遠くに目を向けると、東京スカイツリーが見えた。思えば、半蔵門先だと錦糸町の隣が押上である。結構近いのかもしれない。 高架には、総武線の黄色い車両が停車していた。きれいな黄色である。明るくて、見ていて眩しい。この車両も、今回は乗れない。とても残念…。 バス旅をしているのに、電車に乗りたい衝動に駆られる午後でした。 #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #都営バス #Toei #1日乗車券 #旅 #錦22 #臨海車庫 #錦糸町駅前 #臨海車庫前 #東京メトロ #東西線 #地上区間 #荒川 #県境ではない #東京スカイツリー #JR #総武線 #黄色 #E231系 #電車に乗りたい

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【都営バス旅その7】 日時:2019年10月6日(日) 7 S-1系統 錦糸町駅前→とうきょうスカイツリー駅入口 14:40→14:49 バス旅だというのに…今日はバスの写真がありません。他の写真を撮ることに夢中でした。今回はバス旅らしくない投稿となりそうです…予めご了承ください。 錦糸町駅に到着し、次のバスのりばへ。目に飛び込んできたのは、丸いオブジェでした。 調べたところ、錦糸町は音楽の街だそうで、丸いものは「へ音記号」を2つくっつけたものだそうです。それにしても、目立ちますね…! さて、錦糸町から乗るのはS-1系統。観光路線バスということで、Sightseeing(=観光)の「S」から取っています。これに乗って東京スカイツリーへ! 何度か行っていますが、何度見ても大きくて迫力がありますね。すぐ近くには東京スカイツリー駅があり、スペーシアのきれいな車両も見れました。 スカイツリーと車両を一緒に撮影しようと試みました。難しいですね…。もっと良い機能を持つカメラであれば上手く撮影できたかもしれません…! たくさんの良い景色が撮れました。また行きたいです! (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #都営バス #Toei #1日乗車券 #旅 #S1 #錦糸町駅前 #とうきょうスカイツリー駅入口 #観光路線バス #とうきょうスカイツリー #オブジェ #錦糸町 #音楽 #へ音記号 #Sightseeing #スペーシア #東武

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【都営バス旅その8】 日時:2019年10月6日(日) 8 業10系統 とうきょうスカイツリー駅前→新橋 15:10→16:06 9 都01系統 新橋駅前→渋谷駅前 16:44→17:14 スカイツリーの散策を終え、バスに乗った。「業」というのは業平橋の「業」で、とうきょうスカイツリー駅の前の駅名である。 さて、新橋に到着。。。乗っている間は意識がありませんでした。ここまで都バスでたくさん移動したので、睡魔に襲われてしまったのです。 サラリーマンのテレビ取材でよく登場する、新橋駅。高架を走る京浜東北線の姿は、新橋駅を象徴しているように思います。 駅の発車メロディーも聞こえてきます。JRのSHシリーズは有名なので、ぜひ調べて聞いてみてください…! 次のバスまで時間があったので、駅の周りを散策。「ゆりかもめ」は新橋駅が始発地点です。レインボーブリッジからの眺めを、もう一度味わいたいです。 東海道新幹線も見れました。大都会との組み合わせが、何とも新鮮でした。鉄道唱歌の碑も見かけたので良かったです。 さて、最後は渋谷駅まで向かいます。都01系統は本数が多く、需要が高いことがわかります。バス車内には、様々な情報を流している広告画面がありました。 東急バスに乗っていたときは見かけなかったので、「都バスすげぇ!」と思いましたが、すべてのバスに設置されているわけではありません。とはいえ、便利なので普及してほしいです。 渋谷駅に到着。長旅でした。 渋谷→池袋→巣鴨→駒込→秋葉原→葛西→葛西臨海公園→錦糸町→とうきょうスカイツリー→新橋→渋谷 と移動。都心だけでなく、臨海エリアも通れたので良かったです。まだまだ乗れていない系統がたくさんあるので、次回も乗ろうと誓いバス旅は幕を閉じた。 (終わり) 6/11からは、「都営バス旅2」をお送りします。 #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #都営バス #Toei #1日乗車券 #旅 #業10 #とうきょうスカイツリー駅前 #新橋 #都01 #新橋駅前 #渋谷駅前

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

都営バス旅2
 
旅の日程:2019年10月27日(日)
 
移動経路:渋谷→阿佐ヶ谷→高円寺→王子→赤羽→尾久→浅草→池袋→目白→新宿→品川→目黒→千駄ヶ谷
 
(阿佐ヶ谷→高円寺:中央線王子→赤羽:京浜東北線赤羽→尾久:宇都宮線)
 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【都営バス旅2その1】 日時:2019年10月27日(日) 1 池66系統 渋谷駅→阿佐ヶ谷駅 8:17→8:55 前回よりも1時間早く渋谷に来た。前回よりもたくさん回るからである。 さて、スタート地点はいつも通り渋谷駅なのだが、今回は変なところにバス停がある。 なんと、横断歩道を渡っている途中にあるのだ。道路に浮かぶ島のような存在で、とても面白いなと思った。 池66系統に乗り、北へと進む。途中NHKの放送センターが見えた。 その後環状6号線を走行。高いところを走っていたので、景色が良かった。代々木八幡駅のきれいな駅舎も見えた。 バスは阿佐ヶ谷に到着。ここからバスに乗り換える、と思いきや…またもや箸休めです笑。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #都営バス #Toei #1日乗車券 #旅 #池66系統 #渋谷駅 #阿佐ヶ谷駅 #珍スポット #横断歩道 #途中 #道路 #島 #面白い #NHK放送センター #環状六号線 #代々木八幡 #箸休め

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【都営バス旅2その2】 日時:2019年10月27日(日) ★中央線各駅停車 阿佐ヶ谷→高円寺 9:17→9:19 前回も箸休めとして「山手線」に乗ったが、今回は”まず”「中央線」に乗ります。 (「まず」と書いたことには理由があります) この日は休日だったため、阿佐ヶ谷駅は中央線各駅停車しか停車しない。快速のホームは閉鎖されています。こういう光景は初めて見たので、少しテンションが上がりました笑。 通過するオレンジの快速列車を眺めた後、やってくる電車たちを撮影。 中央線各駅停車は、中野から地下鉄東西線が走っている。そのため、東西線の車両もホームに頻繁にやってきます。 黄色のE231系もかっこいいですが、東西線の青い車両も好きですね。この日は07系やE231系を見ることができた。 ずっと滞在するわけにもいかないので、ここから隣の高円寺へと向かいました。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #都営バス #Toei #1日乗車券 #旅 #JR #JR東日本 #中央線 #阿佐ヶ谷 #高円寺 #休日 #快速 #通過 #ホーム #閉鎖 #東京メトロ #東西線 #E231系 #07系

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【都営バス旅2その3】 日時:2019年10月27日(日) 2 王78系統 高円寺駅入口→王子駅 9:28→10:08 東西線の05系に乗り、高円寺駅に到着。高円寺駅も、休日は快速電車が通過するため、ホームは封鎖されています。 高円寺駅から少し歩いたところに、バス停はある。面白いのが、関東バスとの停留所名の違いだ。 都営バス→高円寺駅入口 関東バス→高円寺中学校 となっている。駅と中学校はどちらも近くにある。中学校の方がバス停からは近い。 おそらく、都バスは駅からの利用者、関東バスは中学校利用者向けなのかもしれない。目的に応じて、名前は変わってくる。今回のように全く違う場合もある。これはバスならではだと思う。また、乗換検索では両者の乗換も検索に出るようにすべきですね。 他社のバス停があるわけなので、色々な色のバスを見ることができる。鉄道旅をしているときに色々な車両が見れるように、バスにおいてもそのような楽しさはありますね。 バスを眺めている間に、あっという間に王子駅に到着。ここから乗るのもなんと… (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #都営バス #Toei #1日乗車券 #旅 #王78系統 #高円寺駅入口 #王子駅 #JR #JR東日本 #中央線 #高円寺 #高円寺中学校 #バス停 #停留所名 #異なる #関東バス #Kaoto

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【都営バス旅2その4】 日時:2019年10月27日(日) ★京浜東北線 王子→赤羽 10:19→10:24 ★上野東京ライン 赤羽→尾久 10:29→10:33 箸休めとは言えないかもしれない。10時台にして、2度目の鉄道登場。しかも、今度は乗り継ぎます笑。 色々な場所を回りたいのですが、ちょうど良いバスルートが見当たりませんでした。それならいっそ「鉄道」要素も入れたら面白いのではないかと思い、今回の移動ルートとなりました。 まあ、こういうのも良いと思います。旅は自由にやるものですね笑。 王子駅からは、京浜東北線に乗って赤羽へ。 赤羽駅は、埼京線や宇都宮線、湘南新宿ラインも乗り入れている大きな駅である。ここからは上野東京ラインに乗り換えました。 到着したのは、尾久駅。ここには尾久車両センターがあり、たくさんの車両を停車させることができます。日によっては珍しい車両を見れることもあるので、また見に行きたいです。 尾久駅で昼休憩。ここからはまたバスに乗ります。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #都営バス #Toei #1日乗車券 #旅 #JR #JR東日本 #京浜東北線 #王子 #赤羽 #上野東京ライン #尾久 #バス旅 #ではない #埼京線 #尾久車両センター #見に行きたい

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【都営バス旅2その5】 日時:2019年10月27日(日) 4 草64系統 尾久駅→浅草雷門 11:06→11:35 尾久駅で昼食を摂った後、バスで浅草へ向かった。 先頭座席から、前方の景色を眺め続けた。 標識や看板を見るのが好きな僕は、終始興奮していた。そして、写真を撮っていた。 ・変わった方向へと白い線が伸びる青看板 ・アスタリスクのような形をしている異形矢印 ・青看板に載っている警戒標識 ・道路に描かれた浅草の文字 僕はこれらを眺めているだけで満足です。以上。 (まもなく浅草に到着します) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #都営バス #Toei #1日乗車券 #旅 #草64 #尾久駅 #浅草雷門 #浅草 #先頭座席 #景色 #標識 #看板 #興奮 #青看板 #青看 #アスタリスク #異形矢印 #指定方向外進行禁止 #警戒標識 #白文字

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【都営バス旅2その6】 日時:2019年10月27日(日) 5 草63系統 浅草雷門→池袋駅東口 11:55→12:57 浅草に到着。スカイツリーや金色のオブジェも見れました。 それにしても、観光客が多い…!雷門周辺は人で埋め尽くされていました。今となっては信じられない光景です。 さて、ここで思わぬハプニングが…。 浅草からは上野松阪屋行きのバスに乗る予定でしたが、ハロウィンのイベントのために運行停止になっていたのです。 予定通りの場所へ行けない…。ピンチでした。 少し歩いて違うバス停に行くと、そこにも運行停止の案内が…。ただ、11時台最後のバスだけはまだ発車していなかったのです。 このままではバスで浅草から脱出できなくなってしまうので、急遽「草63」系統に乗ることになりました。 行き先は池袋駅。元々この旅で池袋駅に行く予定だったので、ちょうど良かったです。ただ、予定よりもかなり早い到着になりそうでした。 バスに乗りながら時刻表を検索し、スケジュールの組み直し作業をしました。まあ、こういうのも面白いですね笑。ポジティブに行きましょう。 移動途中で東北新幹線のE5系を見れたのは嬉しかったです! (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #都営バス #Toei #1日乗車券 #旅 #草63系統 #浅草雷門 #池袋駅東口 #浅草 #東京スカイツリー #金色 #オブジェ #雷門 #運行停止 #ハロウィン #予定変更 #ハプニング #ピンチ #上野松阪屋 #スケジュール #組み直し #東北新幹線 #E5系

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【都営バス旅2その7】 日時:2019年10月27日(日) 6 池65系統 池袋駅東口→目白駅 13:08→13:17 7 白61系統 目白駅→新宿駅西口 13:26→14:02 池袋からは、山手線の目白、新宿と乗り継いだ。 普通に山手線に乗ったほうが圧倒的に速いが、見える景色が違います。鉄道だけでは足を伸ばせないところに、バスは行ける。バスにはバスなりの価値があるのです。 (と言う割には途中の景色の写真が全然ありません…) さて、目白駅といえば「橋上駅舎」ですね。下には山手線を始めとするJR線の線路が走っています。 到着したのも束の間、すぐに次のバスへ。半円を時計回りに描くように移動し、新宿駅に行くことができる。 渋谷駅も複雑だが、新宿駅もバス停は複雑。初めて利用する人は迷ってしまう可能性が高い。 バス停の周りは、見渡す限り高層ビル。すごいところにバスがたくさん停車しているな〜と思った。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #都営バス #Toei #1日乗車券 #旅 #池65系統 #池袋駅東口 #目白駅 #白61系統 #新宿駅西口 #山手線 #景色 #橋上駅舎 #E235系 #ルート #半円 #バス停 #複雑 #高層ビル

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【都営バス旅2その8】 日時:2019年10月27日(日) 8 品97系統 新宿駅西口→品川駅高輪口 14:25→15:16 案の定、新宿のバスターミナルは迷った。地下の通路に書かれていた案内を見て、ようやく目的ののりばへ到着。 JRのガード下を通り、バスは品川へと向かった。 品川といえば、京浜急行の始発駅ですね。京急独特の赤色の車両が見えました。 駅の近くは人がたくさんいました。さすが主要駅ですね。高層ビルもいくつか並んでいました。 品川には東急バスも走っているんですね。知りませんでした。見れてよかったです。 あと、変わった形の青看板も見れました。こういうのを撮るのが好きですね…! 滞在時間わずが20分でしたが、存分に楽しめました。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #都営バス #Toei #1日乗車券 #旅 #品97系統 #新宿駅西口 #品川駅高輪口 #バスターミナル #ガード下 #品川 #京急 #京浜急行 #Keikyu #始発駅 #主要駅 #高層ビル #東急バス #青看板 #青看 #屈折

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【都営バス旅2その9】 日時:2019年10月27日(日) 9 品93系統 品川駅高輪口→目黒駅 15:34→15:48 10 黒77系統 目黒駅→千駄ヶ谷駅 16:07→16:30 品川にいたのも束の間、またバスに乗って西へ向かった。 目黒駅は、以前東急バスに乗った際にも降りたことがありましたね。 駅には、変わった色のニトリがあります。家具を見るのは好きなので、待ち時間の間はニトリの店の中を散歩してました笑。 目黒から向かったのは、千駄ヶ谷。これが最後のバスとなりました。 到着目前、新国立競技場が見えました。オリンピックは延期となりましたが、今ここはどうなっているのでしょう?来年ここは盛り上がっているのでしょうか? 旅をしていた当時は、まさかオリンピックが延期されるとは思っていなかった。景色は随分と変化していくだろうと思うので、来年になったらまたバスでこの辺を散策したいですね。 という感じで、無事千駄ヶ谷駅に到着。バス旅はこれにて終了です。 東急バスは3回乗ったので、都バスも3回目の旅をしようかと思ったのですが、良いルートが浮かびませんでした。 そこで、次の11月には別のバスに乗って旅をしてきました。その模様を後日から投稿していきます。 (終わり) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #都営バス #Toei #1日乗車券 #旅 #品93系統 #品川駅高輪口 #目黒駅 #黒77系統 #目黒駅 #千駄ヶ谷駅 #ニトリ #家具 #千駄ヶ谷 #新国立競技場 #東京オリンピック #延期 #散策

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
鉄道関連の記事一覧はこちら
 
このブログの記事一覧はこちら

子どもたちと上手く接するためにー2

#107

B  2 3 4 F

 
およそ2ヶ月半前、同じタイトルで記事を投稿いたしました。
 

・名前を覚える
・子どもたちに興味を持つ
・自分からさらけ出す
 
ということを書きましたね。
 
日頃子どもたちと過ごす中で、どうしたら子どもが楽しくそろばんを学べるかを考えています。
 
自分が考えたことを実践し、あまり良くなければ修正し、良ければ採用したり…。日々、試行錯誤の連続ですね。
 
今回は、「子どもたちと上手く接するために」の第2弾として、僕が心がけていること(心がけたいこと)を書いていこうと思います。
 
音声動画はこちら↓
 

B  2 3 4 F

 

1. やはりまずは挨拶!

 
これは以前の記事ブログにも書きましたが、
 

 
挨拶をすることは、子どもたちと良い関係を築いていく上での第一歩です。「教える教えてもらう」という違う立場ではあるものの、一緒に時を過ごす対等な関係なので、疎かにしてはいけません。
 
これは個人的な意見ですが、「こんにちは」「おはようございます」といった挨拶には、
 
今日1日よろしくお願いします
 
という意味が含まれていると思うのです。
 
そして、帰るときの「さよなら」というのは、
 
今日1日ありがとうございました
 
と意味が含まれていると思っています。
 
面と向かって、「よろしくお願いします」とか「ありがとうございます」と言うのは照れくさいかもしれません。挨拶の言葉を言うほうが、ずっと抵抗が少ないのではないでしょうか?
 
とはいえ、相手に「挨拶しろと無理に強要することはできません。まずはこちらから、挨拶するようにします。そこから始めるしかないのです。
 
 

B 1  3 4 F

2. 子どもたちの良いところに目を向ける

 
「嫌われる勇気」や「幸せになる勇気」を読みながら、アドラー心理学を学んでいます。
 
 
子どもたちと良い関係を築くためにやらないといけないこととして挙げられていたのが、
 
尊敬
 
です。本書では、
 
尊敬とは、ありのままにその人を見ること」であり、「その人が、その人らしく成長発展していけるよう、気づかうことである」と書かれていました。
 
そして、尊敬を示す具体的な方法としては、
 
他者の関心事に関心を寄せる
 
なのです。
 
子どもたちは好奇心旺盛で、色々なことに興味を持ちます。そのため、練習前や休憩中に子どもたちがどう過ごしているかを知りたいな思っています。
 
僕はおしゃべりがそんなに得意ではないので、子どもたちがやっていることを見て、「それ何?」とか「どういうところが面白いの?」と聞くようにしています。
 
たわいもない話から、子どもたちのことを知ることができます。そして、そういったところから、子どもたちそれぞれの「良さ」や「特徴」を知ることができるのです。
 
子どもたちへの接し方、声かけには正解がありません。「〇〇のように接すれば全員大丈夫だろう」と考えるのは危険です。その子その子に合った対応方法が求められます。
 
子どもたちと接しながら、「良さ」を見つける。「良さ」を見つければ、その子のことがもっと好きになるのです。
 
また、たとえ間違った行動や悪いところがあったとしても、次の日にリセットするようにしています。
 
例えば、前日にたし算の問題がバツだらけだったとしても、次の日は「今日もがんばってやっていこう」と言うようにしています。「前日はひどかったから気をつけろよ」とは言わないようにしています。自分が言われたら嫌なので…。
 
過去のことを無闇にほじくり返してはいけないなと思うのです。もちろん、完全に忘れられたら困りますが、今日は今日でその子のことを信じるようにしたいのです。
 
信じる姿勢」というのは大切です。自分を信じてくれていない人」を信じようとは思いませんよね。どんな対人関係であれ、「信じる」を大事にしたいものです。
 
 

B 1 2  4 F

 

3. ありのままに話せるような関係を築く

 
昔、「オール1の落ちこぼれ、教師になる」(角川文庫)という本を読んだことがありました。その中で、特に印象的な部分があったので、引用させていただきます。
 

 
普段から子どもとたちと、心を開いた会話ができているかどうか
 
ということが、重要になってきます。子どもたちは最初、大人に対して緊張してしまいがちです。そりゃあそうです、知らない人ですから。仕方がありません。また、怖いといつまでも壁ができてしまいます。
 
だからこそ、こちらからまずは声をかけ、良い関係を築けるようにしていく。そのためには、日頃からコミュニケーションを取っておく必要があります
 
あと、以前の記事ブログでも書いたように、自分をさらけ出すことも大事ですね。「この先生ってこういう人なんだなというのをわかってもらえると、子どもたちも警戒心がなくなるのではないかと思っています。
 

B 1 2 3  F

4. 子どもたちの「自立」へ向けた取り組み

 
教育の目標は、子どもが「自立」することです。教育を通して、一人前の大人になっていってほしいものです。教育者は、その助けとなれるような存在になるべきです。
 
そのため、何でも支配しすぎてはいけません。「〇〇をやりなさい」「〇〇をしてはいけません」と言い過ぎると、その子は誰かの指示がないと行動できなくなります。これは、子育てにおいても言えるのではないでしょうか。
 
そろばんの練習であれば、「〇分で時間測るから、やりたい問題を選んで」とか、「〇分と△分で測るから、どちらかでやって」と言うといいかもしれません。もちろん、必要があれば助言はします。〇〇をやれよと強要するのはあまり良くありません。そこは子どもたちに考えてもらいたいですね。
 
また、アドラー心理学には「褒めるのは良くないという考えがあります。ここでは詳細を省きますが、「褒めてもらうために行動する」「認めてもらうために行動するという行動スタイルができてしまうからです。
 
誰かのために上手になるわけではありません。褒められたから、また頑張ろう」というのは、一見良さそうに思えますが、裏を返せば「褒められないなら、もう頑張るのはやめようという考え方になってしまいます。
 
自分で自分のことを認めて、向上していくことが大切です。
 
とはいえ、点数が伸びたり良い結果があったときは、一緒に喜びたいですね。その上で「これからどうするか」「今後の目標は何か」を一緒に考えていけたらいいなと思っています。
 
 

B 1 2 3 4 F

F. 最後に

 
というわけで、色々と書いてきました。
 
大人として、指導者として、子どもたちの成長に貢献していきたい。そのためには、対等な関係で話をし、信頼関係を築いていかないといけません
 
良い子どもたちに恵まれています。これからも自分にできることを全力でやっていこうと思います。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
 
 
マイオピニオンの記事一覧はこちら
 
このブログの記事一覧はこちら

暗算を上達させるために必要なこと

#106

 
子どもたちにそろばんを教えているわけですが、教えているからには上手になってほしいなと思っています。
 
特に、暗算の力はこの先もずっと役立つものであり、たとえ難しい問題であっても果敢に挑戦してもらいたいですね。
 
そこで今回は、今まで僕が暗算の練習をしてきて考えた「上達に必要なこと」を書いてみようと思います。
 
あくまでも僕が考えた内容のため、「え?それはどうなの…?と思うものも中にはあるかもしれません。あくまでも参考程度に読んでいただければと思います。主に、ある程度暗算ができて段の合格を目指している方向けですかね…?
 
音声動画はこちら↓
「バツ直し」の際の指導方法に関する内容についても語っています。

★大前提として、好きであることが大切!

 
やる気は大事だ!
 
という精神論をあまり語りたくはないのですが、何かを上達させたいとき、やる気は重要な要素となります。別の言い方をするなら、好きであればあるほど早く上達します
 
もちろん、好きでなくても上達するかもしれませんが、好きな人よりは上達のスピードは遅くなってしまいます。
 
上手になれるように指導はしていますが、そろばんや暗算を好きになるかならないか」は本人次第です。
 
(もちろん、好きになれるように指導しようと努めています)
 
自分の好きなことをしているときって、とても楽しいですよね時間を忘れて没頭してしまうときもあります。
 
僕が一番そろばんの練習をしたのは、中学2年のとき。夏休みは週5, 6で午後3時から9時まで、ほぼ休憩なしで練習していました(トイレ休憩くらいですかね)。
 
その時は、暗算の力がグッと伸びました。アバカスサーキットという通信競技においては、1年間でF0(難しいレベルの問題)の点数が100点近く伸びました。
 
「好きかどうか」というのはとても重要です。ぜひとも、そろばんを「好き」になってほしいですね。そう思ってもらえるように、自分の指導力や対応力を上げていきたいです。
 

★コツコツ練習

 
僕自身、最近はあまり暗算の練習ができていません…。他にもやりたいことがたくさんあるからです。
 
練習をコツコツやらないと暗算力は落ちてしまいます今までできていたことが、突然できなくなってしまったということもよくあります。
 
1日15分とかでも良いのです教室に来れないのであれば、家でも構いません。練習する時間を確保すれば、上達へと繋がっていくはずです。
 

★バツを悔しがるーバツ直しを徹底

 
僕が練習において一番やるべきだと思っていることは、「バツ直し」ですね。
 
どうしても、時間の関係でバツ直しの時間があまり取れないことがあります。そこで、家でも良いのでバツ直しを徹底してやってほしいです。
 
自分がどういう間違いをしやすいのか
 
がわからないと、練習の度にバツが出てしまいます。それが習慣になってしまうと、「2, 3個のバツくらいならいいや」と考えてしまいがちです。
 
それではダメなのです。バツは直さないといけません。もっと言えば、バツが出たら悔しがってほしいのです。
 
次練習するときにバツが出ないためには、どうすべきか?
 
それを常に考え、バツ直しを徹底していく。その意識を持つだけで、大分変わってきます。できれば、自分のミスのパターンがわかると良いですね。
 
僕の例を挙げると、見取算が苦手でよく間違えます。特に3桁の暗算で4000から5000に繰り上がるときに、なぜか6000になってしまうことがあるのです。
 
バツ直しをやっていたことにより、上記のことに気がつきました。4000から5000の繰り上がりのときは気をつけようと意識することで、バツを減らすことができました。
 
後は、ミスがたくさん出たときはペース配分も見直します。「ここの列はバツが多いから、もう少しゆっくりやってバツを無くそう」といった感じです。
 
僕がやっていることは、そんなに難しくありません。ぜひとも実践していただきたいと思います。
 

 

★自分で練習のルールを決める

 
自分のミスのパターンや特徴がわかった場合は、自分で練習の仕方を工夫してみると良いかなと思います。
 
例えば、僕はアバガスサーキットの練習において、かけざん・わりざん・見取算の制限時間をバラバラにしています。
 
すべての種目において、全力で埋められるスピードというのは変わってきます。全部を5分で測るよりも、各種目ギリギリで埋められそうなタイムを制限時間にすると良い練習になるかなと思ったのです。
 
(かけざん→4分、わりざん→3分、見取算→4分半、といった感じです)
 
自分がどういう練習をしたいかによって、やり方は変わってきます。
 
スピードを重視するなら、いつもよりも制限時間を短めに設定する。
 
難しい問題に挑戦するなら、少し制限時間を長くしてみる。などなど。
 
やり方は様々です。正解はありません。自分にあった練習方法を模索してみましょう。
 

★競争意識を持ちすぎないー自分のペースでやる!

 
暗算の能力向上において、周りに上手な人がいるかどうかは大きく関係します。
 
あの人みたいに上手になりたい」「あの人のこういうところを目標にしたいといった気持ちが出てくるはずです。そういう気持ちは人を強くし、暗算力アップに大きく貢献していきます。
 
僕は元々他の塾に通っていたわけですが、今の塾に移ってからレベルの違いを実感しました…。上手な人がたくさんいました。
 
あの人たちに追いつきたい
 
そんな思いが自分を強くしてくれましたね。おかげで暗算(全珠連)とフラッシュ暗算で十段を取ることができました。
 
ライバルというのはとても大切な存在ですが、一つ注意しないといけないことがあります。それは、
 
「競争意識を持ちすぎてはいけない」
 
ということです。「誰かに勝ちたい」という気持ちがあるかもしれませんが、それよりも大切にしてほしいのは、「自分の目標を達成したいという気持ちです。
 
競争意識を持ちすぎると、相手が「仲間」というよりも「に見えてきてしまいます(あの人に勝ちたい!と思っているわけなので)。
 
もし大会でライバルに負けたとき、素直に相手の勝利を喜べなくなってしまうのです。自分の目標があるのに、それよりも高い目標を設定して無理をしてしまうということもありますね。
 
あくまでも「自分の目標を達成するという気持ちで臨むべきです。そうすれば自然と、結果はついてくるはずです。
 

★最後に

 
ここまで色々と書いてきましたが、いかがだったでしょうか?
 
強調しておきたいのは、スピードの差こそあれ、誰でも実力は伸ばせるということです。
 
最後まで諦めないで練習できるか
 
が大事になってきますね。
 
また、もう一つ伝えておきたいことがあります。それは、
 
そろばんは生涯取り組める趣味である
 
ということです。
 
僕は小学生のときにそろばんと出会い、そこから中学、高校、大学、大学院、社会人になっても続けています。やっていて楽しいし、もっと長く続けていきたい。少しでも実力を上げたいと思っているからです。
 
中学での部活動や大学受験を期に引退してしまう人が多いように思います。
 
僕も一度引退しましたが、また復帰しました。そろばんは何歳になってもできるのです。あとは「やりたい」という気持ちが残っているかどうかですね。
 
ぜひとも、そろばんは長く続けていただきたいです!
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
マイオピニオンの記事一覧はこちら
 
このブログの記事一覧はこちら

【一部有料】会社を辞めた理由③「〇〇が自由に言えないことがわかったから」

#105

 
会社を辞めてから、約4ヶ月が経ちました。
 
辞める前と比べると、今は自由に生きることができていますそろばんの指導は楽しいですし、良い子どもたちにも恵まれています。
 
新型コロナウイルスの影響により、就活で苦労されている方も多いかと思います。以前は就活についての考え方を(偉そうに)書いていましたね。
 

 

 

 
 
今までは、「就活する上でこのブログを参考にしてみてくださいと言っていましたが、今はもう違います。
 
こういう考え方の人もいるんだよということを知っていただければと思います。必ずしも、会社でうまくやっていける人ばかりではないのです。
 
「ブログは自分史作りである」
 
というのが自分のモットーなので、「どうして会社を辞めたのかをしっかりと記録しておきたいと思うようになりました。
 
色々と理由があります。色々と迷い、色々と相談した結果、辞める決意をしたのです(色々が多い笑)。
 
今回は、会社を辞めた理由の一つを紹介します。考え方は人それぞれなので、あくまでも一意見として捉えていただければと思います。
 
今回の内容は事情により、途中から有料記事とさせていただきました。読みたい方のみ読んでいただければと思っています。よろしくお願いいたします。
 
辞めた理由①

 
辞めた理由②

辞めた理由③:「自分の意見が自由に言えないことがわかったから」
 
内容はこちら↓
(途中まで無料で読めます)

 

有料部分が多いですが、これだけは知ってほしいということをここに書いておきます。

それは、「自分の意見が自由に言えないこと」は「息ができないこと」と同じくらい苦しいことであるということです。

アイデアがたくさん頭から出てくるので、それを整理して内容をはっきりさせるために、さまざまなツールを使って発信しています。

特定の人への誹謗中傷は、もちろんしません。議論の必要があると思う内容について、自分の意見を書いています。自分の胸の奥に秘めたままだと、精神的に苦しくなってしまうからです。

自分の意見というのは、周りの人全員に共感されるものではありません。1割の人には共感され、9割の人には批判されるかもしれません。

しかし、自分の考えをしっかり発信することは大切だと思っています。意見が違う人とは衝突するかもしれませんが、考え方に正解はありません。相手が間違っているかもしれないし、その逆もありえます。できれば、意見が違う人と対等に話をする機会があるといいなと思っています。

昔の自分の考え方が、今の自分とは全く違うこともあります。いろいろな経験を積み重ねていくわけなので、それは当然のことですね。

僕はブログを「自分史作り」だと思って書いています。自分の考え方がどう変化したのかを振り返る良い方法になっているので、僕にとっては欠かせないものですね。

意見を言わないで相手に流されるような人間にはなりたくありません。たとえ周りと考え方が違っていても、自分の考えをしっかり持てるような人間になりたいです。そんな人間になるために、これからも発信を続けていくつもりです。

こいつの意見は独特だから、読んでやってもいいや」というような軽い気持ちで読んでいただけると嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
 
 
辞めた理由①

 
辞めた理由②

 
マイオピニオンの記事一覧はこちら
 
このブログの記事一覧はこちら

会社を辞めた理由②「〇〇を読んだり聞いたり話したりするのが苦痛だったから」

#104

 
会社を辞めてから、約4ヶ月が経ちました。
 
辞める前と比べると、今は自由に生きることができていますそろばんの指導は楽しいですし、良い子どもたちにも恵まれています。
 
新型コロナウイルスの影響により、就活で苦労されている方も多いかと思います。以前は就活についての考え方を(偉そうに)書いていましたね。
 

 

 

 
 
今までは、「就活する上でこのブログを参考にしてみてくださいと言っていましたが、今はもう違います。
 
こういう考え方の人もいるんだよということを知っていただければと思います。必ずしも、会社でうまくやっていける人ばかりではないのです。
 
「ブログは自分史作りである」
 
というのが自分のモットーなので、「どうして会社を辞めたのかをしっかりと記録しておきたいと思うようになりました。
 
色々と理由があります。色々と迷い、色々と相談した結果、辞める決意をしたのです(色々が多い笑)。
 
今回は、会社を辞めた理由の一つを紹介します。考え方は人それぞれなので、あくまでも一意見として捉えていただければと思います。
 
辞めた理由①

 
辞めた理由③

 
 
 
辞めた理由②:「文章を読んだり聞いたり話したりするのが苦痛だったから」
 
★読解力がものすごく欠如
 
これは昔からのことですが、文章を読むのがものすごく苦手です。
 
長い文章を読んでいると、途中から頭に入りません。ただ目を通しているだけで、読んでいる意味がないのです。長い文章に限らず、少し読みにくい文章だとかなり苦戦しますね…(内容が面白ければまだ読めます)。
 
致命的だったのが、センター試験論説文と小説合わせて100点ありますが、模試を含めて半分取れたことはありませんでした。特に論説文は何度も同じところを読んでも設問がわかりませんでした。頭に入らないのです。というか、頭が受け付けていないのです。
 
日常で大変なことの例としては、取扱説明書手順書ですね。調べて読もうとしても、内容が頭に入ってきません。大切な情報であっても、何が大切なのかがわからず大事なところを見逃してしまうことが多いです。あと、書いてあるのに気づかなかった、ということも…。
 
★日本語が頭に入らない、出てこない
 
面倒くさがりというのもあるのですが、僕はおそらく、他人と比べて言葉を認識したり発声することがかなり苦手です。
 
人の話を聞いても、頭に入りにくいです。何か印象的なエピソードや結びつきがないと厳しいですね。同じことを何度も聞いてしまうことが結構あります
 
また、連絡の際の文章を考えるのにも一苦労しました。礼儀正しい日本語にはあまり興味がなかったため、先輩にどういうふうに連絡を取り合ったらいいかがよくわかりませんでした。
 
色々と先輩社員の方にも助けていただきましたが、一向に苦手のままでした。段々と、連絡の際の正しい文章を考えることに嫌気がさしてしまったのです
 
また、話すときに適切な日本語が出てきません(今でも結構そう)。「この場面ではこういう言葉を使うべきだけど、あれ、なんて言うべきなんだっけ…?」となってしまいます。
 
特に会社での電話対応はきつかったですね。なんとかそれなりの対応をしていましたが、緊張しまくって体力を消耗してしまい、電話対応後は集中力がなくなってしまいました。あと、電話がかかる前にどこまで作業していたかもわからなくなりました
 
とはいえ、電話対応は「社会人としてできて当たり前と考えられていたので、できるように格闘はしました。しかし、僕の場合は、苦手なものは一向に苦手のままなのです。そのうち嫌いなってやりたくなくなってしまいますね…。
 
特に、突然やってくる電話は大嫌いです。できればなるべくチャットのようなコメントにしてほしいですね…
 
苦手なことに格闘する毎日でした。これでは自分らしさを活かせないな…と思ってしまったのが事実です。
 
★頭にアイデアがたくさん浮かんでしまう。こだわりが強すぎる。
 
他人の話を集中して聞くことができません。長時間になると、話が上の空になって別のことを考えてしまうことが多いです。
 
頭の中にアイデアがたくさん浮かぶのです。誰かの言葉が引っかかり、気になってしまうことも多いのです。こういうことを調べてみようとか、ブログであの話題について書いてみようとか、色々と頭の中は動き始めます。突然、アイデアは降ってくるのです。
 
こだわりが強いため、余程興味がない限り、内容をインプットすることはできません。会社の研修では詰め込み教育のような学びが続きましたが、頭がパンクしてしまい、理解が追いつかなかったです。会社で学んだことの大半は、現在はもう覚えていません…。
 
★生き残る道も考えたものの…
 
このように、周りと同じペースで何かをこなすというのがものすごく困難でした。当然、ストレスは積み重なっていきましたね…。
 
自分のどういうところを会社で活かせるのかを考えてみたことがあります。一つ思いついたのは、「アイデアでした。
 
突発的に色々な考えが浮かぶので、自分のアイデアを会社を良くしていくために活かそうと思ったのです。しかし…とあることが原因でそれは無理だろうと判断してしまいました次回はそのことについて書いていきます。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
 
 
辞めた理由①

 
辞めた理由③

 
マイオピニオンの記事一覧はこちら
 
このブログの記事一覧はこちら

会社を辞めた理由①「〇〇を立てたり△△を組んだりするのが苦痛だったから」

#103

 
会社を辞めてから、約4ヶ月が経ちました。
 
辞める前と比べると、今は自由に生きることができていますそろばんの指導は楽しいですし、良い子どもたちにも恵まれています。
 
新型コロナウイルスの影響により、就活で苦労されている方も多いかと思います。以前は就活についての考え方を(偉そうに)書いていましたね。
 

 

 

 
 
今までは、「就活する上でこのブログを参考にしてみてくださいと言っていましたが、今はもう違います。
 
こういう考え方の人もいるんだよということを知っていただければと思います。必ずしも、会社でうまくやっていける人ばかりではないのです。
 
「ブログは自分史作りである」
 
というのが自分のモットーなので、「どうして会社を辞めたのかをしっかりと記録しておきたいと思うようになりました。
 
色々と理由があります。色々と迷い、色々と相談した結果、辞める決意をしたのです(色々が多い笑)。
 
今回は、会社を辞めた理由の一つを紹介します。考え方は人それぞれなので、あくまでも一意見として捉えていただければと思います。
 
辞めた理由②

 
辞めた理由③

 
 
 
辞めた理由①:「目標を立てたりスケジュールを組んだりするのが苦痛だったから」
 
★予定通りに行動ができない
 
僕は結構、自由な人間です。誤解のないように言うと、いつも予定通りに行動できない人間です
 
AとBというタスクをやるつもりだったのに、Aと(やる予定がなかった)CとDをやってしまうというのが日常茶飯事です。
 
時には予定通りにこなすこともあるのですが、それは気分次第自分にもわかりません。
 
会社では、部署ごとにそれぞれ目標があります。「〇月までに△というプロジェクトを達成する」といったものですね。その目標を達成するために、細かくスケジュールを立てていく必要があります。
 
それ以外にも、個人の目標もあり、必ず立てる必要がありました。〇の案件を△件こなす」といったものです。会社への貢献度がどれくらいかを測るものであり、昇給にも関係してきます。
 
僕は、自分に合った目標を立て、そのためにスケジュールを組んで行動することが苦手なのです。苦手というか、嫌いだったのです。
 
今までの人生で、もちろん目標を考えたことはありました。ただ、それはぼんやりとしたもので、やっていきながら詳しい方向性を決めていきました。
 
また、スケジュールも立てたくありませんでした。途中で気分が変わって別のことを取り組むことが多く、予定通りにいかないことが多いからです。やるときは一気に熱量を持ってこなしていきますし、やらないときは全くやりません行動パターンが極端なのです。
 
スケジュール云々よりも、今日1日全力でこなすことが大事だと思っています。「いついつまでにどれぐらい終わらせられるか」ということを、精密に考えることはできませんでした…。
 
いやいや、そういうのは社会人としてできるようにしないといけないことでしょう」というお叱りの言葉をいただきそうですが、苦手なことは苦手です。20年以上構築してきた価値観をシフトさせることは、かなり難しくて苦しいものでした。
 
もちろん、目標の立て方、スケジュールの組み方についてはアドバイスをもらいました。ただ、正直なところ「面倒だな」と感じてしまったのです。
 
★先輩方の働く姿を見て、目標というものが嫌いになった
 
僕が所属していた部署は、結構忙しかったです。突然やってくる案件もあったため、個人のタスクはもちろん、部署としてのタスクも予定通りにいかないことが多かったです。
 
しかし、それでも目標のためにがんばらないといけない。残業をして、何とか無理してでも達成しないといけませんでした。
 
特に、辞める直前の2020年1月は、目標達成のために残業しないといけないという状況に追い込まれていました。「今月までに終わらせないといけない…そんなプレッシャーがかなり大きくのしかかったのです。
 
予定通りにできなくて苦しかったけれど、それでもやらないといけない。逃げるに逃げられず、我慢の日々が続きました。
 
かなり苦しかったのですが、先輩方も苦しそうでした。毎日遅くまで残業して、月末は残業の時間調整で早く帰らないといけない先輩もいました。体調を崩し、毎日マスクをしている先輩もいました。
 
そんな光景を数ヶ月見てきて、「この先の将来、お先真っ暗だな…」と思ってしまいました。同時に、僕は「目標」というものが嫌いになってしまいました
 
「目標を達成しないといけない」。そのために自分の体を壊してまで働くことに何の意味があるのか。自分たちを苦しめるのであれば、「目標」なんて立てないほうが良いのではないか。そんな怒りの気持ちが湧いてきてしまったのです。
 
部署によって、残業時間はバラバラですが、目標達成のために残業しないといけない部署は多いはずです。僕はそういう環境にものすごくストレスを感じます。長い期間働くのは無理だなと感じましたね。
 
★「終わり」があったから何とか頑張れた
 
とはいえ、これまでも苦しい経験はたくさんありました。
 
部活」では、「リーグで優勝して昇格する」という目標のため、ほぼ毎日きつい練習をこなしました。熱中症になりそうだったときもあり、かなり苦しかったですね。
 
大学院の「研究」は、目標というわけではありませんが、「修士論文を書き上げる」というタスクがありました。何か新しい発見や考察を見つけないといけなかったので、それはそれでプレッシャーでした。ストレスに押し潰されそうなときもありましたね…。
 
ただ、どちらも何とかやり切りました。「終わり」があったからです。部活は大学3年の夏まで。大学院は2年間。明確な終わりのラインがあったので、「そこまでは何とか我慢して頑張ろうと思うことができたのでした。
 
しかし、会社は違います。自分が辞めるという決断を下さない限り、この先ずっと続くのです。
 
こんなに苦しい日々が、これからもずっと続いていくのか…
 
そんな絶望感を感じてしまいました。
 
 
 
以上が、会社を辞めることにした理由の一つです。
 
考え方が甘い」と言われるかもしれません。しかし、普通の人が当たり前にこなせることが、自分にはかなり難しいのです。周囲との「ずれ」には、結構苦しみました。
 
とはいえ、全く目標を立てたりスケジュールを組んだりしないかというと、そうではありません。「状況に応じて」ですね。
 
「目標を立てた方が良い」
「スケジュールを組んだ方が良い」
 
そういう気持ちを自分で持てたときはできますね。この2つが大切なことであることはわかっているつもりです。
 
会社に属する限り、我慢しないといけないこともたくさんありますが、あまりにもストレスになったり体調を崩しそうになったりした場合は、無理をしてはいけないと思います。
 
とはいえ、これだけが会社を辞める決め手になったわけではありません。他にも理由があります。他の記事もぜひご覧ください。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
 
 
辞めた理由②

 
辞めた理由③

 
マイオピニオンの記事一覧はこちら
 
このブログの記事一覧はこちら

辛いときは助けを求める〜尊い命を無くさないために〜

#102

 
先月、誹謗中傷に悩んでいた女子プロレスラーの方が亡くなりました。世の中に衝撃の走るニュースとなりました。
 
精神的に苦しんだとき、どうしても「自殺という文字が頭に浮かんでしまうことがあります。しかし、与えられた命を安易に捨ててしまうのは勿体ないことですし、一生後悔するはずです。
 
今回のニュースを元に、僕なりに考えたことを忘備録として書いておこうと思います。何年か経ったあと、見返すことができるように。
 
〜内容〜
 

1.誰かを批判しても得はない。むしろ損をする。

2.病むなんて絶対損。頼れる仲間を持つべき。

3.人間関係は変化するものだと思う。

4.最後に

 
 

1. 誰かを批判しても得はない。むしろ損をする。

 
SNSで誰かを批判する人が多い今日この頃。匿名性により、安易に他人を攻撃できるようになってしまいました。
 
なぜ、相手を叩くのでしょう?
 
なぜ、相手を叩きたくなるのでしょう?
 
アドラー心理学では、「行動の目的が何か」に視点を置く「目的論」という考え方があります。
 
詳しくはこちらをご覧ください↓

 
それをもとに、「相手を叩く目的は何か?」を考えてみると、個人的に思ったのは次の通り。
 
自分が正しいことを証明するため
 
相手を批判する、攻撃することで、「自分は正しいんだ。正しいことをやっているんだ。」と考えることができます。
 
たしかに相手を攻撃するとスッキリするかもしれませんが、一時的な満足に過ぎません。また誰かを叩こうとする人もいます。
 
特に、自分に自信がなかったり、自分が不幸だと考えている人ほどそう考えてしまいがちだと思います。
 
僕も、劣等感を感じまくっていたときに、相手の行動を見てケチをつけてしまったことがありました。
 
たとえ誰かを叩いたとしても、満足できるかというとそうではありません。叩くだけ時間の無駄ではないかと思います。
 
自分を認めること。自分を良くしようと考えていくようにしないと、誰かに怒りを向けてしまいます。
 
また、何気なく言った言葉が、実は相手を傷つけているということもあります自分の言動を振り返ることも大切ではないかと思いますね。
 

 
僕は今、自分の好きなことが何かを考えながら生きています。嫌なことは極力やらず、心からやりたいことに注力する。他人から見ると偏った行動をしているかもしれません
 
でも、自分が幸せな気持ちでないと、誰かを幸せにすることはできないと思っています。自分に満足していれば、誰かを叩く必要もありません。「自分は自分で良い」と思えるからです。
 
まだまだ自分の気持ちの中に「劣等感」はありますが、自分の良さが何かを考え、自分なりに生きていこうと思うようにしています。
 
他人の行動にケチをつける必要はありません。自分を認め、他人を認められるようにしたいと思っています(まだできていませんが…)。
 
・誰かを批判する→時間の無駄
 
・自分を認める→他人を認められるようになる→自分が幸せになる第一歩
 

2. 病むなんて絶対損。頼れる仲間を持つべき。

 
以前、こんな日記ブログ記事を書いたことがありました。
 
病むなんて絶対損(2018/07/22)

 
色々と悩んでいたとき、いっそ体調崩して病んでしまいたいと思ったことがあったのです。精神的に追い込まれていましたね…。
 
みなさんも、SNSで何者かもわからない人から批判されることがあるかもしれません。
 
精神的に落ち込み、追い込まれてしまうことがあるかもしれません。
 
そんなとき、どうしたら良いのでしょうか?
 
助けを求めましょう。誰か、頼れる人に相談しましょう。一人で抱え込んだら危険です。
 
(そういう自分も一人で抱えがちなので注意したいとは思ってはいます…)
 
上の日記ブログにも書きましたが、心なく批判してくる人たちのせいで体調を崩したくありません。そんな人たちによって命を犠牲にしたくないと思うのです。
 
尊い命を無駄にしないために、助けを求めて前に進んでいきたいものです。簡単ではありませんが、できることからやっていくべきです。
 
僕は幸い、信頼できる仲間が少数ですがいます。会社を辞めたとき、「ご飯に行こう」「電話してもいい?」と言ってくれた仲間がいました。
 
仲間の存在の尊さを、改めて知る体験でしたね。自分一人では生きていけないわけなので、誰かと良い関係を築いておきたいものです。
 
別に、仲間は必ずしもたくさんいる必要はありません。少なくても、心から語り合える人がいれば心強いですね。
 
人生、何があるかわかりません。楽しく生きるために、苦しまないで生きれるように、誰かを助けたり誰かに助けられたりしながら前に進んでいきたいと思いました。
 

3. 人間関係は変化するものだと思う。

 
こちらも、以前書いた日記ブログの記事です。
 
人間関係は立ち直せる(2018/03/07)

 
僕は、同じ人と長く関係を続けていくのが得意ではありません
 
一部の人を除き、自分と価値観や考え方が異なる人たちばかりのため、一緒にいると窮屈な気持ちになってしまうことがあります。
 
(僕が変わっているので、普通の人(?)とは相性が合わないのです…)
 
もちろん、考え方は人それぞれなので、否定するつもりはありません。
 
僕は最近、「この人と会いたい!話したい!」という人とだけ会うようにしています。その方が楽しいし、ストレスは溜まりません。
 
「大学時代に関わっていたから」とか「この人にはとてもお世話になったから」という理由で会うのは、受動的すぎます。関わりがあったからといって、自分と相性が合うわけではありません。
 
僕は色々と考えすぎてしまうことがあるので、何としてもストレスになりそうな要素を減らしていかねばいけません。
 
今後生きていく中で、関わる人も変わってきます。その時の自分に合った人たちと関わり、楽しく過ごしていきたいです。
 
アドラー心理学を解説した「嫌われる勇気」という本には、
 
すべての悩みは対人関係の悩みである
 
という言葉がありました。
 
それは同時に、
 
すべての幸せもまた、対人関係から生まれる
 
ということでもあります。自分なりの幸せとは何かを考え続けたいです。
 

4.最後に

 
ということで、ここまで色々と書いてきました。
 
かけがえのない命を守るために、どう生きていくべきなのか?
 
「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマが2016年に話題になりましたが、たとえ今の状況が苦しかったら、逃げてもいいのです逃げた先に自分に合う環境があるのなら、そこで活躍していけばいい。生き方に正解はありません。
 
僕は、僕らしく生きていきます。周りに合わせすぎず、自分の得意なこと、自分にしかできないことを考え、自分らしく生きていきたい。今回のニュースを通して、改めてそう感じました。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。