妄想鉄道旅【北海道編】後編

#101

 
新型コロナウイルスの影響により、外出自粛をするよう求められている。
 
鉄道好きの自分としては、とても歯痒い思いですね…。
 
そこで!
 
今月号の時刻表を購入。
 
 
旅には出かけません。妄想で旅をします!笑
 
時刻表を読みながら、どういうルートで移動できるかを考えています。
 
それにより、あたかも鉄道旅をしたかのような気分になれるのです。
 
色々な場所へと妄想鉄道旅をしています。結構楽しいですね。
 
ということで、僕が考えた旅ルートを紹介していきます。
 
今回の設定は「北海道フリーパス」を使い、6泊7日の鉄道旅の模様をお送りします。
 
今回は、5〜7日目のルートを紹介します。ぜひ、旅をしている気分でお読みください!
 
前編はこちら↓

 
 
↓移動ルートの順番
数字 路線名 数字 ←JTBの時刻表に記載の頁
出発地到着地
出発時刻到着時刻
 
北海道フリーパス
JR北海道内の在来線や特急列車の普通車自由席、ジェイ・アール北海道バスが7日間乗り降り自由。普通車指定席も6回まで利用できる。
 
特急に乗ると快適で便利ですが、今回の移動ルートでは合計6回の利用としました。多用しすぎず、普通列車での移動も楽しもうと思っているからです。
 
全体を通して、1つの列車に長時間乗ることが多いです。そのため、1日に乗る列車の本数は少ないですね。
 
北海道への鉄道旅行をしたことがないので、時刻表や地図の画像が中心となります。予めご了承ください。
 
 
 
さて、4日目の夜に釧路へ到着します。その続きからスタートです。
 
【5日目】
 
1 根室本線 676
釧路→根室
5:35→8:00
 
釧路を観光しないの…?」と言われそうですが、大丈夫です。後で観光します。まずは東の果てにある根室に行きます。
 
2 根室本線 678
根室→釧路
11:03→13:18
 
根室で観光した後、再び釧路に戻ってきます。特急が走っていないので、乗り遅れないように注意したいところです。
 
さて、釧路の有名観光地はどこでしょうか…?あんまりわかりません笑。どうせなら、海の幸を堪能したいところです。あとは、珍しい標識探しは絶対やります。
 
(おすすめスポットがあれば教えてください)
 
3 根室本線 特急おおぞら10号 679
釧路→帯広
16:12→17:47
 
釧路を十分楽しんだ後は、特急で快適に移動。帯広まで行きます。ここでもおいしい料理を食べたい…!旅をしていくうちに太ってしまいそうです笑。
 
そういえば、スタジオジブリ作品である「思い出のマーニー」では、根室本線が出てきますね。作品を見て、ますます乗りたくなりました!笑
 
帯広といえば牧場のイメージが強いです(合ってますかね?)。どこか景色の良い場所で宿泊したいです。
 
【6日目】
 
1 根室本線 特急とかち4号 678
帯広→南千歳
8:42→11:02
 
朝ごはんをゆっくり食べる時間を確保しています。9時前であれば、頭もすっかり冴えているはず。特急電車から見える景色を楽しみたいです。
 
まず向かうのは、新千歳空港です。
 
2 千歳線 662
南千歳→新千歳空港
11:11→11:14
 
新千歳空港といえば、人気番組である「水曜どうでしょうでよく出てきましたね笑。空港から東京へ帰るのもアリですが、ここは最後まで鉄道にこだわることにしました。
 
空港にはおみやげ店がたくさんあるので、何か気に入ったものがあれば購入しようと思います。
 
水曜どうでしょうについては、以下のリンクでも語っています。

 
3 千歳線 662
新千歳空港→南千歳
13:18→13:21
 
空港でお昼ごはんを済ませ、南千歳に戻ります。ここからは苫小牧へ向かいます。
 
4 千歳線 663
南千歳→苫小牧
13:42→14:01
 
昔家族で旅行した際、大洗から船に乗って苫小牧まで行ったことがありました
 
せっかくなので、フェリーターミナルの方には行きたいですね。船と共に太平洋を眺める。時間を忘れて景色を眺めていたいです。
 
あと、スイーツも食べたい!良い景色とスイーツは合うと思うんですが…(ただ食べたいだけ笑)。
 
5 千歳線 663
苫小牧→札幌
15:52→17:13
 
苫小牧で色々と楽しんだ後は、札幌へ戻ります。17時すぎに到着するので、少し観光できるかもしれません。が、おそらく空腹に耐えられずに夜ご飯を食べ、眠くなってすぐホテルへ行ってしまう可能性も…。ここまでたくさん移動してきましたからね。
 
さあ、ついに次が最終日です。
 
【7日目(最終日)】
 
1 函館本線 668
札幌→小樽
8:05→8:53
 
札幌でしっかり朝ごはんを食べた後、函館本線で小樽へ。
 
小樽も、結構海に近い場所にありますね。きれいな日本海を眺めることができそうです。これで、日本海とオホーツク海、太平洋をすべて制覇できます!
 
他にもどこか良い観光地があれば立ち寄りたいです。
 
やはり北海道は海の幸でできたお弁当が美味しそうですね(時刻表の画像)
やはり北海道は海の幸でできたお弁当が美味しそうですね(時刻表の画像)
 
2 函館本線 667
小樽→倶知安
10:53→12:10
 
ここからは…残念ながら…新函館北斗へ行くために移動を開始しなければなりません。
 
3 函館本線 667
倶知安→長万部
12:35→14:08
 
長万部までは普通列車で移動。特急はありません乗り遅れると大変なことになるので注意です…。
 
4 函館本線 特急北斗12号 658
長万部→新函館北斗
14:35→15:49
 
ここからは特急に乗り、一気に新函館北斗へ。新幹線発車まで1時間半あるので、駅の近くを散策できたらいいなと思います。といっても何も無さそうですが…笑。
 
しかし、抑えておきたいのは、道道の標識新函館北斗駅の近くには「道道1176号線」が通っています。普通では考えられない大きさの番号ですね。しっかり標識をチェックしておきます!
 
あとはケンシロウ像を拝んだり、カフェでゆったりするくらいですかね…。さすがに歩き疲れているので、そんなに体力は余っていない気がします。
 
5 北海道新幹線 はやぶさ44号 88
新函館北斗→東京
17:25→21:23
 
ついに新幹線に乗って東京に戻ります。4時間かかりません!速い!
 
ちなみに、最終の新幹線は18:40発で、東京到着が23時すぎ。これだと結構遅いですし、乗れなかったら帰れないので、さすがに乗りません。まあ乗り逃したら途中の仙台まで行って、次の日また鉄道旅すればいいのかもしれませんけど…(交通費が大変なことになる笑)。
 
という感じで、詳しい観光地は調べていないので、ただ単に移動計画をズラズラと書いてみました。かなりの大移動が続きますが、楽しい旅になること間違いなしです。
 
5日目から7日目の移動を振り返ると、
 
【5日目】
 
1 根室本線 676
釧路→根室
5:35→8:00
 
2 根室本線 678
根室→釧路
11:03→13:18
 
3 根室本線 特急おおぞら10号 679
釧路→帯広
16:12→17:47
 
【6日目】
 
1 根室本線 特急とかち4号 678
帯広→南千歳
8:42→11:02
 
2 千歳線 662
南千歳→新千歳空港
11:11→11:14
 
3 千歳線 662
新千歳空港→南千歳
13:18→13:21
 
4 千歳線 663
南千歳→苫小牧
13:42→14:01
 
5 千歳線 663
苫小牧→札幌
15:52→17:13
 
【7日目(最終日)】
 
1 函館本線 668
札幌→小樽
8:05→8:53
 
2 函館本線 667
小樽→倶知安
10:53→12:10
 
3 函館本線 667
倶知安→長万部
12:35→14:08
 
4 函館本線 特急北斗12号 658
長万部→新函館北斗
14:35→15:49
 
5 北海道新幹線 はやぶさ44号 88
新函館北斗→東京
17:25→21:23
 
全体としては、
 
1日目:東京→新函館北斗→函館→札幌
2日目:札幌→旭川→音威子府
3日目:音威子府→稚内→旭川→富良野
4日目:富良野→網走→釧路
5日目:釧路→根室→帯広
6日目:帯広→新千歳空港→苫小牧→札幌
7日目:札幌→小樽→新函館北斗→東京
 
という流れになりました。
 
1週間で北海道を回るとなるとかなり駆け足になってしまうので、なるべく特急を使ったほうが良いのかもしれません。実際に旅をする際は、もっと入念に予定を組もうと思います。
 
とはいえ、時刻表を読んでこれだけの大きな妄想旅ができるわけなので、時刻表閲覧には無限の可能性を秘めいていると言えますね(個人の意見です)。
 
1週間まるまる時間を取るのは難しいですが、いつか北海道を鉄道で旅したいなと思いました。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
前編はこちら↓

 
 
 
鉄道関連の記事一覧はこちら
 
このブログの記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA