東急バス旅2019の記録

#99

今回は、東急バス旅の記録です。

510円

という安さで、東急バスに乗り放題(消費税8%時。現在は520円)。神奈川県や東京都を中心に旅をすることができます。

BusTrainLover」というInstagramで合計17回に分けて投稿した内容を、ここにまとめておきます。

Instagramはこちら

新型コロナウイルスの影響で、バス旅はできていません。

この投稿を見て、少しでも旅をしている気分を味わえたら幸いです。

これまで3つの旅をしてきたので、順番に紹介します。

東急バス旅1

旅の日程:2019年7月14日(土)

移動経路:溝の口→武蔵小杉→多摩川→都立大学→目黒→渋谷→若林→成城学園前→二子玉川

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【東急バス旅その1】 日時:2019年7月14日(日) (このバス旅の移動時刻は記録していませんでした…) 1 溝02系統 溝の口駅→小杉駅前 2 玉11系統 小杉駅東口→多摩川駅 バスに関わる仕事をしていたこともあり、バスで旅をしてみようと思った。そこで乗り始めたバスが、東急バス。昔からよく乗っていたからだ。 1日乗車券を購入し、いざ出発…! 雨が降っていたこともあり、道路は空いていた。それもあって、バスはほとんど遅延することなく進んでいた。 現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一番前方の座席は使用禁止となっている。 しかし、当時のバス旅では基本的に、一番前方の座席を陣取っていた。運転席の大きな窓から見える景色が見たいからである。 また、座席が高いところにあるので、車に乗っているときとは違う角度から景色が見える。それが面白いし、いつまでも眺めていられるのだ。 バスは、武蔵小杉駅に到着。東急とJRが乗り入れしている大きな駅だ。大きい駅だからこそ、バスの乗り場が複雑である。こればっかりは仕方がないだろう。 東急スクエアの近くにあるバス停へ移動し、次のバスを待った。これから多摩川を渡って東京を旅していく。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #東急バス #Tokyu #1日乗車券 #旅 #溝02 #溝の口駅 #小杉駅前 #玉11 #小杉駅東口 #多摩川駅 #雨 #前方座席 #高い #大きい窓 #景色 #武蔵小杉 #バスのりば #複雑

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【東急バス旅その2】 日時:2019年7月14日(日) (このバス旅の移動時刻は記録していませんでした…) 2 玉11系統 小杉駅東口→多摩川駅 多摩川を渡るため、丸子橋を渡った。丸子橋から見える景色は最高だ。特に、東側にはJR、西側には東急の線路があるため、色々な車両を近くで見ることができる。この日は東海道新幹線を目撃した。 青色が特徴の丸子橋を渡って左折。多摩川駅のバス停に到着した。すぐ近くには東急多摩川線も走っており、踏切の音とともに車両を眺めることができる。東横線と多摩川線の2ショットが撮れたらいいな〜と思った。 多摩川駅周辺を少し散策。とはいっても、気になる標識や青看板を見るくらいだ。 高さ制限の標識の近くに、身長を測るための測定器(カラフルなやつ)的なものがあって面白かった。また、青看板には文字がなく、道路と線路と標識しか書かれていなかった。これはこれで珍しいと思う。 少しの時間だったが、十分に多摩川駅を満喫できた。ここからは小さい車体のバスに乗って東京を北上する。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #東急バス #Tokyu #1日乗車券 #旅 #玉11 #小杉駅東口 #多摩川駅 #多摩川 #丸子橋 #東急 #JR #車両 #東海道新幹線 #多摩川線 #東横線 #標識 #青看板 #高さ制限 #車両進入禁止 #景色 #満喫

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【東急バス旅その3】 日時:2019年7月14日(日) (このバス旅の移動時刻は記録していませんでした…) 3 多摩01系統 多摩川駅→都立大学駅前 4 黒07系統 都立大学駅北口→目黒駅 5 渋41系統 大鳥神社前→渋谷駅 小型の日野ポンチョに乗り、都立大学駅へ。今年4月に「東京都立大学」という名前は復活したが、この駅の近くにはないので注意が必要である笑。 北口のバス停へ移動し、黒07系統に乗った。この「黒」というのは、「目黒」の黒である。系統名に使われる漢字を見て、どこが起点になっているかを考えるのは楽しいです。 目黒駅で昼ごはんを食べました。目黒駅の近くにはニトリがあって、家具などを見て回ることができる。都会にニトリがあるイメージがなかったので、すごく新鮮な感じがした。 ここから渋谷に向かうわけだが、目黒駅から直接渋谷へ行ける東急バスがない。そのため、先程乗ったバスの経路を戻り、大鳥神社前からバスに乗った。 都会の景色を、バスに乗りながら眺めるのは楽しい。まだまだ知らない場所がたくさんある。もっといろんな場所を旅したいな〜と思った。 ついに、渋谷駅に到着。ここのバスターミナルはとても複雑…笑。地図を見ながら、次に乗るバス停を入念に調べた。 東急バスの他にも、都バスや京王バス、小田急バスなども集まっているため、たくさんのバスを見ることができて面白い。渋谷を起点として、様々な会社のバスに乗ってみたいですね。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #東急バス #Tokyu #1日乗車券 #旅 #多摩01 #多摩川駅 #都立大学駅前 #黒07 #都立大学駅北口 #目黒駅 #渋41 #大鳥神社前 #渋谷駅 #日野ポンチョ #ニトリ #都会 #バスターミナル #都バス #京王バス #小田急バス

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【東急バス旅その4】 日時:2019年7月14日(日) (このバス旅の移動時刻は記録していませんでした…) 6 渋52系統 渋谷駅→若林駅前 大ターミナルの渋谷駅から「世田谷区民会館」行きという「珍しい?」バスに乗った。 (もっと主要な行先かと思っていた) 終点まで行かず、降りたのは「若林駅前」。そう、「車両優先」という変わった踏切がある場所である。 「若林踏切」と呼ばれるその踏切は、遮断器がない。車側の信号が赤になるまで、世田谷線のきれいな車両は通るのを待っている。 世田谷線は、車両によって色が違うのが特徴的。踏切待ちをする車両が何色なのかを確認するのは楽しい。 近くには、踏切注意の標識があった。上には蛍光灯のようなものがあった。こういうのは珍しいなと思った。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #東急バス #Tokyu #1日乗車券 #旅 #渋52 #渋谷駅 #若林駅前 #世田谷区民会館 #若林踏切 #車両優先 #遮断器 #世田谷線 #300系 #踏切注意 #蛍光灯

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【東急バス旅その5】 日時:2019年7月14日(日) (このバス旅の移動時刻は記録していませんでした…) 7 渋24系統 若林三丁目→成城学園前西口 8 玉07系統 成城学園前駅→二子玉川駅 若林で踏切を楽しんだ後、再びバスに乗って都道3号線を進み、成城学園前へ向かった。この駅には、まだ降りたことがなかった。 雨が降っていたので、エキナカのお店を散策。本屋があったので、話題書などを中心に見て回った。本を読むことは好きなので、本屋に入るとついつい足を止めて立ち読みしてしまう。そういう時間がとても楽しく感じた。 ついでに、駅の電光掲示板を撮影。下り方面は、「向ヶ丘遊園」と「唐木田」。レアな部類に入ると思う。 上り方面にはなんと、「取手」の文字が…!茨城県に繋がっているのは、何度見ても感動的ですね。 雨がまだ続いていたので、帰ることにした。玉07系統に乗り、二子玉川へ。まだ時間は早かったが、初めてのバス旅ということもあってもうお腹いっぱいだった。 そして思った。 「バス旅って楽しい…!」 鉄道ばかりに乗ってきたが、バスにもバスならではの面白さがある。また旅がしたいと思った。ということで、2週間後にまた旅をすることになった。 次回からは【東急バス旅2】について書いていきます。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 (終わり) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #東急バス #Tokyu #1日乗車券 #旅 #渋24系統 #若林三丁目 #成城学園前西口 #玉07系統 #成城学園前駅 #二子玉川駅 #雨 #エキナカ散策 #本屋 #読書 #趣味 #向ヶ丘遊園 #唐木田 #取手 #新宿 #電光掲示板 #お腹いっぱい #楽しかった

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

東急バス旅2

旅の日程:2019年7月28日(土)

移動経路:二子玉川→向ヶ丘遊園→たまプラーザ→柿生→市が尾→中山→新横浜→新羽→綱島→武蔵新城

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【東急バス旅2その1】 日時:2019年7月28日(日) 1 向02系統 二子玉川駅→向ヶ丘遊園駅南口 10:20→10:47 2 た83系統 向ヶ丘遊園駅南口→たまプラーザ駅 11:02→11:34 東急バス旅が思いの外楽しかったので、2週間後に再びバス旅を開始した。 前回とは全くの別ルート、東急バスのみでの移動方法を考えました。今回のスタート地点は、二子玉川駅です。 前回とは違い、良い天気に恵まれました。二子玉川ライズのきれいな建物を背景に、立派なバス停でバスを待った。 今回の舞台は、神奈川県。二子玉川駅を出発すると、すぐに多摩川を渡って神奈川県へ。東京都とは5,6分ほどで別れを告げた。 鉄道好きでもあるので、バスが踏切の前に止まるとワクワクする。一番前の座席に乗っていれば、車両の写真も撮れる。視界が広々としていて、とてもお気に入りの席です。 30分ほどで、向ヶ丘遊園駅に到着。近くにはファミレスなどのお店が充実しており、学生には人気がありそうだと思った。駅舎もおしゃれ。柵からは小田急線の8000系が見えた。 向ヶ丘遊園からは、「た」という平仮名の系統で南へ。「た」はもちろん、たまプラーザの「た」です。系統名に平仮名が使われているのは珍しいなと思った。 実は、たまプラーザ駅で降りたことはなかった。お洒落だろうな〜と思っていたが、思っていたよりも立派だった…! (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #東急バス #Tokyu #1日乗車券 #旅 #向02 #二子玉川駅 #向ヶ丘遊園駅南口 #た83 #たまプラーザ駅 #二子玉川ライズ #多摩川 #神奈川 #鉄道 #踏切 #小田急 #8000系

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【東急バス旅2その2】 日時:2019年7月28日(日) 3 柿01系統 たまプラーザ駅→柿生駅前 12:18→12:50 たまプラーザ駅のバスターミナルは地下にあり、バスを待つ乗客が自分たちの乗る場所で待機していた。 地下を上り地上に出ると、青空のたまプラーザがお出迎え。夏ということでかなり暑く、外にはずっといられそうになかった。 駅の改札口は、立派すぎて言葉が出なかった。改札の外からホームも見えて、みなとみらい駅を思い出した。 昨年リニューアルされた南町田グランベリーパーク駅は、「第2のたまプラ」を目指しているらしい。たまプラの存在は偉大なんだなと感じた。 おいしいパンをいただき、駅の周りを少し散策。暑さにやられそうだったので、すぐにバス停に戻った。 案内の看板には「停車中」というランプがあり、バスが来たかどうかを確認することができる。直前まで中にいれば、排気ガスを吸わないので体にも良い。ホームドアのバスバージョンは素晴らしいと思う。 食後ということで少しウトウトしてしまったが、30分ほどで柿生駅に着いた。バス停の近くに駅が見当たらなかったが、少し歩くとやっと見えてきた。 それにしても暑かった。散策しすぎると熱中症になりそうだったので、涼しい場所を探し始めた。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #東急バス #Tokyu #1日乗車券 #旅 #柿01 #たまプラーザ駅 #柿生駅前 #たまプラ #バスターミナル #夏 #暑い #パン #ホームドア #バスバージョン #改札口 #立派 #みなとみらい #南町田グランベリーパーク

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【東急バス旅2その3】 日時:2019年7月28日(日) 4 柿23系統 柿生駅北口→市が尾駅 13:20→13:46 5 市43系統 市が尾駅→中山駅北口 13:54→14:17 二子玉川→向ヶ丘遊園→たまプラーザ→柿生→市が尾 と移動していく。 東急→小田急→東急→小田急→東急 と交互に移動している。普通ではありえない移動を、バスによって実現させている。 緑色が基調の柿生駅を眺めた後、日陰のあるバス停でバスを待った。 柿23系統は注意が必要。小田急バスと東急バスが両方乗り入れているので、東急バスの方に乗らないと別料金が発生してしまう。時刻表による確認は必須です。 柿生から市が尾への移動。ロマンスカーも見れてテンションが上がった。途中で川崎市から横浜市に変わるため、一律運賃も変わる。これは知らなかったのでびっくりした。 市が尾駅に到着し、すぐに次のバスに乗り換えた。横浜市に入り、横浜市営バスもたくさん見かけるようになった。 都筑ふれあいの丘駅を通り過ぎ、中山駅へ到着。柿生から中山へ。小田急、東急、JRの駅をリレーした。 ここから北上しようと思っていたが、実は行けないことが判明。旅の前日に行き先を変更した。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #東急バス #Tokyu #1日乗車券 #旅 #柿23 #柿生駅北口 #市が尾駅 #市43系統 #中山駅北口 #小田急 #東急 #二子玉川 #向ヶ丘遊園 #たまプラーザ #柿生 #市が尾 #小田急バス #ロマンスカー #一律運賃 #横浜市営バス #都筑ふれあいの丘 #JR #リレー

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【東急バス旅2その4】 日時:2019年7月28日(日) 6 市43系統 中山駅北口→貝の坂 14:27→14:32 7 市03系統 貝の坂→新横浜駅 14:43→15:19 グリーンラインとJRが乗り入れている中山駅。地下鉄はさすがに見れないので、横浜線のE233系を眺めておいた。 実は、先程のルートを少し戻ることになる。センター南駅に行きたいところだったが、そこには落とし穴が…。 センター南駅から中山駅まで、南61系統が出ている。てっきり中山駅からもバスが出ていると思っていたが、実は出ていなかった。一方通行だったのだ。 そこで、貝の坂のバス停まで戻り、そこから新横浜駅へ向かうことにした。 一つ気がついたのは、バスによって扉の形が違うということ。市43系統で乗ったバスは、窓が4つあった。これはあまり見たことがない。しかし、市03系統で乗ったバスは窓が1つ。これが一般的だと思う。 旅をしていると、思わぬ発見があって面白い。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #東急バス #Tokyu #1日乗車券 #旅 #市43 #中山駅北口 #貝の坂 #市03 #新横浜駅 #横浜市営地下鉄 #グリーンライン #JR #横浜線 #E233系 #センター南 #落とし穴 #一方通行 #南61 #扉 #形 #窓

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【東急バス旅2その5】 日時:2019年7月28日(日) 8 綱72系統 新横浜駅→新羽駅 16:17→16:33 突然だが、東急バスの優先席が好きです。好きなのはデザイン。カラフルできれいだなと思う。 さて、新横浜駅に到着し、駅の周りを散策。新幹線停車駅とあって、エキナカはたくさんのお店がある。一度じっくり散策してみたい。 道路に目を向けると、交通量が多い。バス停も充実している。その中には大きな工事現場がある。 相鉄線の東急直通により、新横浜駅も大きく変わろうとしている。2022年度にはどんな姿になるのか…?とても楽しみです! バス停で待っていると、金色の帯をまとったバスが…!新横浜から各方面に出ている直通バスである。普通のバスは青色を身にまとっているので、プレミア感があるな〜と思った。 前回「扉」について書いたが、バスの優先席の座席配置にも違いがある。横向きのロングシートもあれば、進行方向に向いたシートもある。こういうちょっとした違いに目を向けるのも面白いです。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #東急バス #Tokyu #1日乗車券 #旅 #綱72 #新横浜駅 #新羽駅 #優先席 #デザイン #カラフル #新幹線 #エキナカ #道路工事 #相鉄 #東急 #直通 #金色 #青色 #プレミア #座席配置 #ロングシート

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【東急バス旅2その6】 日時:2019年7月28日(日) 8 綱72系統 新横浜駅→新羽駅 16:17→16:33 9 綱74系統 新羽駅→綱島駅 16:44→17:01 10 城01系統 綱島駅→新城駅前 17:04→17:39 日産スタジアムの近くは、景色が広々としていた。太陽の光と川と緑がきれいで、ぼーっと景色を眺めていたくなります。 新横浜からは、小刻みに乗り換えて移動した。駅を経由しているので、駅舎を毎回眺めることにしている。地下鉄だと車両が見れないが、きっぷうりばや改札口を見たりするのは楽しい。 あと、通りすがりに電車が見れると嬉しいです。綱島駅到着目前、高架を走る副都心線の車両が見えました…! 綱島駅に到着すると、次に乗る予定のバスがすでに停車していました。本当は一本後に乗っても良かったのだが、長時間の移動で疲れてしまい、早く帰りたくなってしまった笑。 10回もバスを乗り継いだのは初めてだった。夏の暑さに苦しめられそうだったが、なんとか無事に到着。色々な景色を見て、目の保養になりました。 同じ会社のバスだけでこんなにも移動できるとは思っていなかったので、少し感動的だった。もっと他のルートで移動してみたい…!と思った。 再び東急のバス旅を行うことになったが、それは2ヶ月後のことである(鉄道旅と仕事が忙しかったから)。 (終わり) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #東急バス #Tokyu #1日乗車券 #旅 #綱72 #新横浜駅 #新羽駅 #綱74 #綱島駅 #城01 #新城駅前 #日産スタジアム #太陽 #緑 #川 #駅舎 #地下鉄 #高架 #副都心線 #7000系

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

東急バス旅3

旅の日程:2019年9月30日(月)

移動経路:溝の口→川崎→五反田→大井町→蒲田→田園調布→千歳船橋→祖師ヶ谷大蔵→用賀→恵比寿→渋谷→二子玉川

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【東急バス旅3その1】 日時:2019年9月30日(月) 1 川31系統 溝の口駅→川崎駅ラゾーナ広場 9:20→10:23 2 反01系統 川崎駅ラゾーナ広場→五反田駅 10:38→11:27 2019年8月は鉄道旅が充実していたため、バス旅はできなかった。前回のバス旅から2ヶ月。久々の乗車に胸が踊った。 溝の口駅から乗ったのは、「川31」系統。バスの多くは「溝02」系統の武蔵小杉駅行きだが、一部のバスは川崎駅まで乗ることができる。 電車だと220円だが、バスだと210円と安い!とはいえ、所要時間は電車の3倍かかってしまう…笑。ゆっくり移動したい方にはおすすめです。 途中で、南武線の線路とぶつかる。踏切から、南武線のE233系を拝むことができたので良かった。 さてバスに乗っていると、「あっ!」となった。なんと、道路に「あっ!」と書かれているのだ。運転手に注意を促すためのものだそう。それにしてもシンプルすぎて、好感が持てますね笑。 1時間という長い乗車時間だったが、色々な景色が楽しめた。川崎駅ラゾーナ広場に到着すると、東急バスや市バスがたくさん!黄色や緑、青に塗られた車両がとてもきれいだった。 ここからまた、長時間のバス移動となる。驚いたのは、乗る際に目的地を伝えないといけないということ。場所によって運賃が違うのである。運転手の対応が大変そうだった。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #東急バス #Tokyu #1日乗車券 #旅 #川31 #溝の口駅 #川崎駅ラゾーナ広場 #反01 #五反田駅 #溝02 #運賃 #踏切 #JR #南武線 #あっ! #白文字 #市バス #車体 #カラフル #長距離 #降車停留所 #自己申告 #運転手 #対応 #大変そう

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【東急バス旅3その2】 日時:2019年9月30日(月) 2 反01系統 川崎駅ラゾーナ広場→五反田駅 10:38→11:27 川崎駅からは「反01系統」に乗った。「反」とは五反田の「反」である。とても個性的ですね。 途中で、茶色と水色で塗られた「青看板」を見かけた。それに合わせて、道路も茶色と水色で塗られている。とてもわかりやすい案内だと思う。 多摩川を渡り、どんどん北上していく。 停車したときに見かけた信号の形状が、なかなか変わっていた。これは撮影しないわけにはいかなかった笑。 また、西馬込駅付近を通過し、車庫に停車する都営浅草線の車両を少し見れた。こういうちょっとした出会いはとても楽しい。もっと車庫をのんびり眺めてみたいな〜と思った。 五反田駅に到着。ビル群と山手線のコンビネーションが、何とも素晴らしい景色だった。ここで昼食を取り、次の移動に備えた。 五反田駅は、東急池上線も通っている。高いところにホームがあるので、階段を上る必要がある。途中、E235系と同じ高さに上がるので、思わず足を止めてしまう。良い写真が撮れました。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #東急バス #Tokyu #1日乗車券 #旅 #反01 #川崎駅ラゾーナ広場 #五反田駅 #青看板 #茶色 #水色 #小杉 #ガス橋 #多摩川 #信号機 #都営地下鉄 #浅草線 #西馬込 #車庫 #東急池上線 #E235系

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【東急バス旅3その3】 日時:2019年9月30日(月) 3 反01系統 五反田駅→大崎広小路 12:10→12:12 4 渋41系統 大崎広小路→大井町駅 12:13→12:36 5 井03系統 大井町駅→蒲田駅 12:57→13:32 五反田から再び、南へ向かう。本当は都心を回りたいところだが、東急バスでは都心を回ることができない。 都内を回るには、都バスが最適だ。路線図を眺めていて、そのことに気がついた。このバス旅の1週間後、都バスで旅をすることになる。その模様も今後お伝えします。 大崎広小路で降りたが、乗り換えが面倒であることに降りてから気がついた。地図を見て確認。方向感覚がないので、地図アプリを見ながらバス停を探した。 バス停に到着間際、バスが到着した。遅れていたらしく、ちょうど良いタイミングでやってきた。待ち時間ゼロ。とても運が良かった。 バスに乗りながら、今まで通ったことがない風景を眺めるのは楽しい。特に、緩やかなカーブは良いですね。 途中、成田エクスプレスを見ることができた。緩やかなカーブの先に、直線の線路を通る成田エクスプレス。良い写真が撮れた。 写真家ではないが、色々と写真を撮ってしまう。普段見かける風景に、面白さや美しさがあると思うからだ。僕なりの感性を磨いていきたい。 バスは大井町駅に到着。駅前は大きな商業ビルが立ち並んでいる。阪急という文字を見れるとは思わなかった。トイレ休憩がてら、エスカレーターでざっと中を回ってみた。 大井町からは蒲田へ。食後かつ疲労のため、バスでは寝てしまった。気がついたらもう蒲田駅だった。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #東急バス #Tokyu #1日乗車券 #旅 #反01 #五反田駅 #大崎広小路 #渋41 #大井町駅 #井03 #蒲田駅 #乗換 #面倒 #幸運 #遅延 #緩やか #カーブ #成田エクスプレス #商業ビル #疲労 #仮眠

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【東急バス旅3その4】 日時:2019年9月30日(月) 6 蒲12系統 蒲田駅→田園調布駅 13:58→14:40 蒲田駅は東急多摩川線と東急池上線の終点である。駅を出ると2つの路線が分岐し、多摩川駅と五反田駅にそれぞれ向かっていく。 蒲田からバスに乗ると、それら2つの路線を見ることができた。踏切を通ると、すぐ近くに電車が停車していた。道路を走っていると、高架上を電車が通過していく。これらの風景はとても良いものだと思う。 50分ほど乗ると、田園調布駅に到着した。景色にびっくりした。「ここは日本か?」と思った笑。洋風のでっかい建物が出迎えてくれた。 東急は沿線の地域開発にも力を入れており、駅の周りはおしゃれな所が多い。「たまプラーザ駅」や、昨年新しくなった「南町田グランベリーパーク駅」はその例である。 おしゃれな駅を見ると、非現実を味わえる。同時に、「旅行をしているんだな〜」と思うことができる。おしゃれとは、偉大なものなのかもしれない。そんなことを思った。 せっかくなので、駅前のパン屋さんで休憩。美味しいパンをいただいた。旅の疲れを癒やしてくれる、贅沢な味だった。ハマるのは良くないが、時々食べて幸せな気分を味わいたいものである。 おしゃれな駅の近くしか見れなかったので、またの機会に訪れたい。新しい発見があるかもしれません。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #東急バス #Tokyu #1日乗車券 #旅 #蒲12 #蒲田駅 #田園調布駅 #東急 #多摩川線 #池上線 #多摩川 #五反田 #踏切 #高架 #3000系 #1000系 #建物 #洋風 #駅舎 #地域開発 #おしゃれ #癒やし #幸せ #パン #贅沢

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【東急バス旅3その5】 日時:2019年9月30日(月) 7 園01系統 田園調布駅→千歳船橋駅 15:14→15:47 8 渋23系統 千歳船橋駅→祖師ヶ谷大蔵駅 16:14→16:24 9 用01系統 祖師ヶ谷大蔵駅→用賀駅 16:33→17:00 10 恵32系統 用賀駅→恵比寿駅 17:19→18:01 田園調布駅で優雅にパンを食べ、贅沢気分に浸っていたが、バス旅はまだ終わっていない。バスの乗車回数としては、ここからが後半戦。まだまだ続きます。 この旅で、田園調布駅と等々力駅が近いことを今更知った。偶然にも、僕が昔よく行っていた「ワークマンプラス」の前を通り過ぎたのだ。知っている道を通っているとは思わなかったので、少し嬉しかった。 また、環八と第三京浜の311号線と466号線の標識が並んでいる様子も目撃できた。こういうのは標識好きとしては面白いなと思います。 千歳船橋に到着。そこからまた乗り換えて、隣駅の祖師ヶ谷大蔵へ。ここはウルトラマンを生み出した円谷プロダクションがある場所のため、あちこちにウルトラマンの装飾を見ることができる。効果的な町おこしですね。 さて、夕方になり暗くなってきましたが、移動は続きます。ひとまず東急線沿いの用賀駅に戻り、そこから今度は恵比寿駅へ。あまりにも色んな方向へ向かっていて、何をしたいのかと思われるかもしれない。 東急バスの一日乗車券を使用しているが、当時は510円だった(今は520円)。たった3回乗れば、元が取れるのである。つまり、たくさん乗れば乗るほどお得なのだ。それを知り、なるべくたくさん乗れるような移動ルートを組んだのである。 とはいえ、疲れました…。恵比寿で夜ご飯を食べ、家に帰りたいと思います。 (続く) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #東急バス #Tokyu #1日乗車券 #旅 #園01 #田園調布駅 #千歳船橋駅 #渋23 #祖師ヶ谷大蔵駅 #用01 #用賀駅 #恵32 #恵比寿駅 #等々力 #ワークマン #環八 #第三京浜 #ウルトラマン #円谷プロダクション #町おこし #国道 #県道 #標識

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【東急バス旅3その6】 日時:2019年9月30日(月) 11 渋72系統 恵比寿駅→渋谷駅東口 18:42→18:50 12 渋12系統 渋谷駅東口→二子玉川駅 19:11→19:54 恵比寿駅でラーメンを食べ、夜のきれいな建物たちを少し眺めた。あとは帰るだけ。 とはいえ一本のバスでは帰れないので、まずは渋谷駅へ向かった。渋谷駅は、相変わらずゴチャゴチャしている。当時は銀座線渋谷駅の移設関連の工事もしていたから、かなりカオスな状況だった。 都バスの路線図や乗り場案内を見つけた。かなり複雑。1週間後、都バスに乗って旅をすることになる。帰る頃には次のバス旅で頭がいっぱいだった笑。 渋12系統としてやってきたバスは、金色の帯を身にまとっていた。以前新横浜駅で見かけたものと同じものである(詳しくは【東急バス旅2その5】をご覧ください)。 写真はないが、座席が少し豪華だった。背もたれが高く、座ったまま気持ちよく眠ることができる。そもそも車体が大きくて、前方は通路を挟んで2人掛けの座席がある。普通のバスよりも多くのお客さんが座れそうだった。 夜の街を眺めながら、これまでの旅を振り返った。 溝の口→川崎→五反田→大井町→蒲田→田園調布→千歳船橋→祖師ヶ谷大蔵→用賀→恵比寿→渋谷 色んな駅を通ってきた。こんなに移動しているのに、たったの510円。こんなお得なことがあり得るのだろうか…?東急には感謝でいっぱいである。 二子玉川駅に到着。とても気分良い夜だった。同時に、消費税8%の最後の夜が終わろうとしていた。 (終わり) #bustrain #バス #バスインスタグラム #バス好きと繋がりたい #Bus #東急バス #Tokyu #1日乗車券 #旅 #渋72 #恵比寿駅 #渋谷駅東口 #渋12 #二子玉川駅 #ラーメン #都バス #複雑 #渋谷 #工事 #銀座線移設 #車体 #豪華 #背もたれ #感謝 #消費税8% #最後の夜

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿 –

バスの旅はとても楽しいです。みなさんもぜひ旅してみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

バス関連の記事一覧はこちら
 
このブログの記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA