妄想鉄道旅【四国編】その4

#92

 
新型コロナウイルスの影響により、外出自粛をするよう求められている。
 
鉄道好きの自分としては、とても歯痒い思いですね…。
 
そこで!
 
今月号の時刻表を購入。
 
 
旅には出かけません。妄想で旅をします!笑
 
時刻表を読みながら、どういうルートで移動できるかを考えています。
 
それにより、あたかも鉄道旅をしたかのような気分になれるのです。
 
色々な場所へと妄想鉄道旅をしています。結構楽しいですね。
 
ということで、僕が考えた旅ルートを紹介していきます。
 
今回の設定は、4泊5日で四国を回ります青春18きっぷが使える前提での移動です。
 
今回は、4日目のルートです。ぜひ、旅をしている気分でお読みください!
 
1日目のルート↓

 
2日目のルート↓

 
3日目のルート↓

 
5日目(最終日)のルート↓

 
↓移動ルートの順番
数字 路線名 数字 ←JTBの時刻表に記載の頁
出発地到着地
出発時刻到着時刻
 
さて、前日は夜7時に宇和島駅に到着。あまり散策する時間は無さそうです。とはいえ、宿泊地になる場所はだいたいそんなものです。別の機会に観光することにします。
 
1 予土線 361
宇和島→窪川
6:04→8:09
 
宇和島駅(2019年8月14日撮影)
宇和島駅(2019年8月14日撮影)
 
予土線にはまだ乗ったことがありませんが、以前車で半家(はげ)駅に行ったことがありました。
 
 
 
 
名前が特徴的ですが笑、ひっそりとしている駅です。近くには四万十川が通っているので、景色も良いですね。
 
一つ気をつけないといけないのは、終点窪川駅と一つ手前の若井駅の間はJRではないということ。この区間だけ、土佐くろしお鉄道なのです。別料金(210円)がかかります…笑。
 
矢印の区間だけはJRではありません。
 
さて以前、高知駅から中村駅(土佐くろしお鉄道)まで移動し、友人とレンタカーで旅行したことがありましたね。
 
ただ、その際は窪川駅を降りていなかったので、どこか観光地があれば散策しようと思います。
 
地図を見ると、四国八十八箇所の一つである「岩本寺」がある模様。せっかくなので行ってみてもいいかもしれません。
 
 
2 土讃線 352
窪川→高知
9:07→10:59
 
窪川からは、土讃線です。このへんはどんどん進んでいきます。
 
昨年2019年の夏に、高知県は結構観光しました。全部を回れているわけではありませんが、5日間という制限時間があるので、今回の移動ルートでは高知県にあまり寄らないことにしました。
 
高知駅(2019年8月13日撮影)
高知駅(2019年8月13日撮影)
 
「とさでん」の路面電車が、駅前から出ていますね。昼食をここで済ませますが、移動が必要な場合は「とさでん」に乗るのもアリですね…!
 
高知駅前に設置されている銅像。坂本龍馬しかわからなかった(2019年8月13日撮影)
高知駅前に設置されている銅像。坂本龍馬しかわからなかった(2019年8月13日撮影)
 
3 土讃線、土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線 349 358
高知→奈半利
12:19→13:46
 
「ごめん、御免からJRとさよなら」
 
というしょうもないギャグを一応書いておきましょう…。高知から土讃線に乗るわけですが、途中の御免(ごめん)駅からは土佐くろしお鉄道に乗ります。
 
終点の奈半利(なはり)駅まで行き、そこからはバスに乗り換えます。別料金が発生するわけですが、行ってみたい場所があるのです。
 
4 高知東部交通 1200円
奈半利駅→室戸岬
14:47→15:41
 
それが、室戸岬です。四国の南東にある、とんがった所です。
 
 
何かこだわりがある、というわけでなく、一度行ってみたいという好奇心です。岬から海を眺め、気持ちをすっきりさせたいものです。
 
5 高知東部交通 410円
室戸岬→黒戸
16:41→16:54
 
鉄道駅である「甲浦(かんのうら)駅」へ行くためには、バスを乗り継いで行くしかありません。しかも、本数も限られているので、ここで乗り遅れたらかなりの時間ロス…。のりば等に注意し、予定通りに移動したいです。
 
6 高知東部交通 1440円
黒戸→甲浦駅
16:55→17:41
 
気がつけば、もう夕方も終わり夜になる時間帯。バスを待つことになると、空が暗くなるので危ないです。変な人がいるかはわかりませんが、あまり人気のない暗いところに長時間滞在したくないですね…。
 
以前書いたように、紹介したルートは昨年2019年の夏に通るはずだったものです。台風直撃のため、急遽予定が変更。室戸岬にも行けなくなってしまったのです。
 
次に四国へ行く際は絶対に行きたい…!
 
そんな思いがあるのです。実際に出かける際は、天気に恵まれることを祈ります。
 
7 阿佐海岸鉄道 359
甲浦→海部
18:13→18:24
 
ここからは鉄道に戻ります。海部までは阿佐海岸鉄道です。もう18時を過ぎています。夏であれば、ギリギリ景色を楽しめるかもしれません。
 
本当は海部駅で宿泊しようと思ったのですが、調べてみるとホテルが見つからず…。周辺を調べた結果、牟岐線で先まで進んだほうが良いという結論に至りました。
 
8 牟岐線 359
海部→日和佐
18:27→19:06
 
日和佐(ひわさ)駅から歩いて1分のところにビジネスホテルがあるようです。
 
鉄道旅をする際は朝早く出かけるので、駅前にホテルがありそうな場所を最終目的地にしています。妄想鉄道旅ではありますが、しっかりホテルがあるどうかも確認しています笑。
 
宇和島から高知、室戸岬を通り過ぎて日和佐へ。怒涛の移動になります。とはいえ、最終日となる次の日も大変な移動になるわけですが…。まあそれは鉄道旅なので仕方がありません笑。
 
4日目の移動をおさらいすると、
 
1 予土線 361
宇和島→窪川
6:04→8:09
 
2 土讃線 352
窪川→高知
9:07→10:59
 
3 土讃線、土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線 349 358
高知→奈半利
12:19→13:46
 
4 高知東部交通 1200円
奈半利駅→室戸岬
14:47→15:41
 
5 高知東部交通 410円
室戸岬→黒戸
16:41→16:54
 
6 高知東部交通 1440円
黒戸→甲浦駅
16:55→17:41
 
7 阿佐海岸鉄道 359
甲浦→海部
18:13→18:24
 
8 牟岐線 359
海部→日和佐
18:27→19:06
 
最終日は神奈川県に戻ります!最後まで移動を楽しみたいものです。次回もお楽しみに!
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
1日目のルート↓

 
2日目のルート↓

 
3日目のルート↓

 
5日目(最終日)のルート↓

 
 
 
鉄道関連の記事一覧はこちら
 
このブログの記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA