妄想鉄道旅【四国編】その1

#89

 
新型コロナウイルスの影響により、外出自粛をするよう求められている。
 
鉄道好きの自分としては、とても歯痒い思いですね…。
 
そこで!
 
今月号の時刻表を購入。
 
 
旅には出かけません。妄想で旅をします!笑
 
時刻表を読みながら、どういうルートで移動できるかを考えています。
 
それにより、あたかも鉄道旅をしたかのような気分になれるのです。
 
色々な場所へと妄想鉄道旅をしています。結構楽しいですね。
 
ということで、僕が考えた旅ルートを紹介していきます。
 
今回の設定は、4泊5日で四国を回ります青春18きっぷが使える前提での移動です。
 
今回は、初日のルートです。ぜひ、旅をしている気分でお読みください!
 
2日目のルート↓

 
3日目のルート↓

 
4日目のルート↓

 
5日目(最終日)のルート↓

 
↓移動ルートの順番
数字 路線名 数字 ←JTBの時刻表に記載の頁
出発地到着地
出発時刻到着時刻
 
1 東海道本線 141
横浜→小田原
5:28→6:21
 
横浜駅(2020年3月5日撮影)
横浜駅(2020年3月5日撮影)
 
相変わらず、出発時刻は早いです笑。
 
実は、昨年2019年12月に行った鉄道旅のときと同じ電車に乗っています。
 
そう、普通列車だけを使って、1日で東京から小倉に行けるルートです。以前、Instagramでも紹介しました。
 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BusTrainLover (by SOSU Lover)(@bustrainlove)がシェアした投稿

小田原駅(2019年12月21日撮影)
小田原駅(2019年12月21日撮影)
 
2 東海道本線 141
小田原→熱海
6:22→6:45
 
姫路までは、上で紹介したルートで移動します。
 
休憩時間はほとんどありません。昼ごはんは、前もって買っておく必要があります。
 
まだ夜明け前の熱海駅(2019年12月21日撮影)
まだ夜明け前の熱海駅(2019年12月21日撮影)
 
3 東海道本線 160
熱海→浜松
6:49→9:18
 
もはや名物である、「静岡の壁」。静岡県を通過するのに3時間かかりますね…笑。
 
ちなみに、「静岡の壁」の他に「山口の壁」もあります。こちらも意外と時間かかるんですよね…。
 
浜松駅(2019年12月21日撮影)
浜松駅(2019年12月21日撮影)
 
4 東海道本線 160
浜松→豊橋
9:23→9:57
 
浜松駅(2019年12月21日撮影)
浜松駅(2019年12月21日撮影)
 
ただ、小倉まで移動したときは、19時間以上の移動でした。夜になっても、ひたすら移動していました。今回のルートは、14時間と短くなっています!
 
(とはいえ、長いことには変わりありませんが笑)
 
豊橋駅(2019年12月21日撮影)
豊橋駅(2019年12月21日撮影)
 
5 東海道本線 160
豊橋→大垣
10:02→11:32
 
 
豊橋駅(2019年12月21日撮影)
豊橋駅(2019年12月21日撮影)
 
「きしめん」で有名な名古屋には寄りません。愛知もどんどん通り過ぎ、岐阜県へ。
 
大垣駅(2019年12月21日撮影)
大垣駅(2019年12月21日撮影)
 
6 東海道本線 160
大垣→米原
11:42→12:17
 
大垣駅。階段が狭いので上るのが大変だった…(2019年12月21日撮影)
大垣駅。階段が狭いので上るのが大変だった…(2019年12月21日撮影)
 
今回の旅のメインは「四国」なので、ここらへんの移動の詳しい紹介は割愛しています。とはいえ、四国に入るのは2日目になってからです。
 
途中から、まだ乗ったことのない区間が登場するので、そこから少しペースダウンして紹介していきます。
 
米原駅。近江鉄道のかわいい車両が見れました(2019年12月21日撮影)。
米原駅。近江鉄道のかわいい車両が見れました(2019年12月21日撮影)。
 
7 東海道本線、山陽本線 190
米原→姫路
12:20→14:47
 
JR東海エリアを超え、もうJR西日本です。
 
時刻表を見てもらうとわかりますが、所要時間が長いためにズラーッと下に続いていることがわかります(蛍光ペンの部分)。
 
 
もちろん、途中の京都や大阪には寄らずに進んでいきます笑。
 
姫路駅。ここで「えきそば」を食べましたね〜(2019年12月21日撮影)。
姫路駅。ここで「えきそば」を食べましたね〜(2019年12月21日撮影)。
 
8 姫新線 309
姫路→播磨新宮
14:54→15:28
 
ここからは、山陽本線から外れます。まだ一度も乗ったことがない、姫新線です。姫路では7分しか乗り換えがないので、急いで移動する必要があります。
 
姫新線は、その名の通り「姫路」と「新見(にいみ)を繋ぐ路線です。
 
本数はそんなに多くないですが、かなり長い路線です。横浜〜静岡までの距離と同じぐらいのようです。
 
何度か乗り継いで、なんとか終点に行く、という感じですね。
 
9 姫新線 309
播磨新宮→作用
15:30→15:59
 
播磨新宮〜佐用間は本数が少ないため、時間ロスを減らすために入念に計画して移動することが必要です。
 
このルートは偶然、播磨新宮で2分乗り換え、佐用で4分の乗り換えで済みます。何時間も待つのはごめんです…笑。
 
10 姫新線 308
作用→津山
16:03→17:05
 
上月(こうづき)から先が岡山県になります。このまま終点の新見まで向かい、そこで宿泊予定です。
 
津山駅には、2019年の夏に訪れました。鳥取から因美線に乗って岡山へ向かいました。
 
津山駅(2019年8月11日撮影)。
津山駅(2019年8月11日撮影)。
 
11 姫新線 308
津山→新見
17:59→19:39
 
津山駅。長閑な場所ですね〜(2019年8月11日撮影)。
津山駅。長閑な場所ですね〜(2019年8月11日撮影)。
 
すぐに乗り換えができないので、津山駅で50分滞在駅前は何もなかった気がするので、この時間をどう過ごそうかな…
 
終点である新見駅で移動は終わりにします。本当は岡山まで行きたかったのですが、すでに19時半を過ぎているので諦めます(景色も見れないので)
 
次の2日目で、四国へ上陸しますまだ自分が乗った乗ったことがない路線を中心に、一周していこうと思ってます。
 
初日の移動を振り返ると、
 
1 東海道本線 141
横浜→小田原
5:28→6:21
 
2 東海道本線 141
小田原→熱海
6:22→6:45
 
3 東海道本線 160
熱海→浜松
6:49→9:18
 
4 東海道本線 160
浜松→豊橋
9:23→9:57
 
5 東海道本線 160
豊橋→大垣
10:02→11:32
 
6 東海道本線 160
大垣→米原
11:42→12:17
 
7 東海道本線、山陽本線 190
米原→姫路
12:20→14:47
 
8 姫新線 309
姫路→播磨新宮
14:54→15:28
 
9 姫新線 309
播磨新宮→作用
15:30→15:59
 
10 姫新線 308
作用→津山
16:03→17:05
 
11 姫新線 308
津山→新見
17:59→19:39
 
次回もお楽しみに!
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
2日目のルート↓

 
3日目のルート↓

 
4日目のルート↓

 
5日目(最終日)のルート↓

 
 
 
鉄道関連の記事一覧はこちら
 
このブログの記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA