妄想鉄道旅【西日本九州編】その1

#83

 
新型コロナウイルスの影響により、外出自粛をするよう求められている。
 
鉄道好きの自分としては、とても歯痒い思いですね…。
 
そこで!
 
今月号の時刻表を購入。
 
 
旅には出かけません。妄想で旅をします!笑
 
時刻表を読みながら、どういうルートで移動できるかを考えています。
 
それにより、あたかも鉄道旅をしたかのような気分になれるのです。
 
色々な場所へと妄想鉄道旅をしています。結構楽しいですね。
 
ということで、僕が考えた旅ルートを紹介していきます。
 
今回の設定は、4泊5日で西日本と九州を回ります青春18きっぷが使える前提での移動です。
 
今回は、初日のルートです。ぜひ、旅をしている気分でお読みください!
 
2日目のルート↓

 
3日目のルート↓

 
4日目・最終日のルート↓

 
↓移動ルートの順番
数字 路線名 数字 ←JTBの時刻表に記載の頁
出発地到着地
出発時刻到着時刻
 
1 寝台特急 サンライズ出雲 154 169 184 316 373
東京→米子
22:00→9:03
 
さて、初日のルートですが、実は前日から移動を開始します。
 
現在唯一毎日運転されている寝台列車、「サンライズ出雲に乗るのです!
 
サンライズは「出雲」と「瀬戸」の2つがあり、岡山で車両が切り離されます。
 
サンライズ出雲には、昨年の2019年12月23日に乗りました。
 
そのときは、出雲市から東京でした。逆方向はまだ乗ったことがありません(混んでるんですよね…)。
 
東京駅で撮影したサンライズ出雲の285系(2019年12月24日撮影)。
東京駅で撮影したサンライズ出雲の285系(2019年12月24日撮影)。
 
車両のデザインも独特で良いですね。
 
上と下に寝室がある車両もあります。窓を開けたらホームのお客さんに丸見えなので、そこは注意が必要です…笑。
 
出発前の出雲市駅。当時はB寝台ソロに乗りましたね(2019年12月23日撮影)。
出発前の出雲市駅。当時はB寝台ソロに乗りましたね(2019年12月23日撮影)。
 
シャワーカード」というものもあり、以前使用しました。車内で発売されています。シャワーが浴びれるのはすごいな〜と思いました。
 
 
出発が22:00ということで、残念ながら外の景色は楽しめません。
 
もう少し時間を早めてくれたらいいのにな…と思うのですが、他の列車との兼ね合いもあるのでしょう。
 
その代わり、朝は結構ゆっくりできます。
 
出雲市から乗った場合は、東京到着は朝7時すぎでした。
 
しかし、東京から乗った場合だと、出雲市到着は10時ころです。朝の景色をのんびりと楽しむことができるのです。
 
さて、今回の移動では、終点の出雲市までは行きません。手前の米子で降ります。
 
理由は、次の電車に乗るためです。
 
2 境線 368
米子→境港
9:44→10:25
 
ここから、青春18きっぷを使い始めます。
 
境港といえば、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者でお馴染みの、水木しげるさんの出身地ですね。
 
地名は知っていましたが、実際に訪れたことはありません。
 
日本海に近いところにあり、景色が良さそうです。
 
 
当初は、サンライズ出雲の終点である出雲市から米子に戻ろうと考えましたが、スケジュール的に厳しいのでやめました。
 
電車の本数が多くないので、かなりの時間ロスに繋がってしまうからです。
 
1日でなるべく遠くへ移動したいので、これは致し方ないですね。
 
3 境線 369
境港→米子
11:31→12:12
 
1時間くらい境港周辺を散策した後、米子へ戻ります。
 
あまり時間がありませんが、米子駅で昼食を取りつつ散策できたらいいですね(30分しかない…)。
 
最悪、昼ごはんは次の電車の中で食べます。駅弁があったら嬉しいです。
 
4 山陰本線 373
米子→益田
12:46→16:44
 
昼ごはんを車内で食べる理由としては、乗車時間が4時間もあるから笑。
 
(あと、車内が空いているから)
 
 
気動車であるキハ126系(2019年12月23日撮影)。
気動車であるキハ126系(2019年12月23日撮影)。
 
日本海に沿って走る区間もあり、そこからの眺めは絶景です!
 
ぜひ、先頭車両の運転室から覗いてみてください…!
 
日本海がきれい(2019年12月23日撮影)。
日本海がきれい(2019年12月23日撮影)。
 
4時間の移動ですが、単線によるすれ違い待ちのために駅で少し停車することがあります
 
そのときは車内から外に出て、風景を眺めます自然いっぱいの景色を見ることは、目の保養にもなりますね笑。
 
 
益田駅(2019年12月23日撮影)。
益田駅(2019年12月23日撮影)。
 
5 山陰本線 381
益田→長門市
17:47→19:37
 
4時間も乗るとさすがに疲れると思うので、1時間休憩。とはいっても、駅の周りを散策します。
 
益田駅(2019年12月23日撮影)。
益田駅(2019年12月23日撮影)。
 
本当は下関まで行ってしまおうかと思いましたが、既に夕方ですし、暗くなったら景色を楽しめません。
 
よって、長門市(ながとし)まで移動し、そこで宿泊することにしました。
 
次の日はついに、九州を移動します!
 
今回のルートをおさらいすると、
 
1 寝台特急 サンライズ出雲 154 169 184 316 373
東京→米子
22:00→9:03
 
2 境線 368
米子→境港
9:44→10:25
 
3 境線 369
境港→米子
11:31→12:12
 
4 山陰本線 373
米子→益田
12:46→16:44
 
5 山陰本線 381
益田→長門市
17:47→19:37
 
次回もお楽しみに…!
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 
 
2日目のルート↓

 
3日目のルート↓

 
4日目・最終日のルート↓

 
 
 
鉄道関連の記事一覧はこちら
 
このブログの記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA