武蔵小杉→羽沢横浜国大

#66

相鉄線がJRに直通してから、もうすぐ3ヶ月が経ちます。

東京で「横浜ネイビーブルー」を身にまとった車両が走っている様子を、見たことがある人は多いかもしれません。



先月の1月25日(土)に、羽沢横浜国大駅を初めて降りました。

そして、そこから一日乗車券を使って小旅行をしてみました。

その模様を、このブログに書いていこうと思います。

今回は、武蔵小杉から羽沢横浜国大までの移動や散策について。

尚、動画も作成したので、ぜひご覧ください。



武蔵小杉の駅名標を見ると、行き先が2つに分かれています。

新川崎羽沢横浜国大です。

青い方が、相鉄線に直通する羽沢横浜国大。こういう分岐した駅名標を見るのは面白いです。

武蔵小杉からは、E233系に乗りました。

↑の動画を撮影してきた関係で、その時の写真がないのはご了承ください。降りたときに写真を撮りました。

車内の案内画面を見ると、

羽沢横浜国大まで15分!

意外とかかるんだなーということに驚きました。

それもそのはずで、遠回りしているようなルートを走っているのです。



上の画像にも描かれていますが、武蔵小杉を発車した電車は、まず鶴見の方へ向かいます。その後右へカーブし、ひたすら西へ走り続けるのです。


鶴見付近を走っている際は、様々な車両が見えます。上の画像は京浜東北線のE233系です。

その後、長いトンネルが続きます。残念ながら景色は楽しめません。

長いトンネルを抜けて少し走ると、貨物の「横浜羽沢駅」が見えてきます。

そのタイミングで、

「まもなく羽沢横浜国大、羽沢横浜国大。お出口は左側です。今日もJR東日本をご利用いただき、ありがとうございました。」

というアナウンスが聞こえてくるのです。

貨物の線路よりも低いところに、羽沢横浜国大駅はあります。

 

西谷方面はトンネルが続いていて、少し下っています。


乗っていたE233系。緑色がきれいでお気に入りです。

動画に載せていなかったが、羽沢横浜国大の駅名標は以下のようなものです。



駅番号は51。

51番目なの?」と思うかもしれませんが、そうではありません。

相鉄線の本線は01から番号が始まりますが(海老名は18)、いずみ野線は31から始まります。

いずみ野線の終点、湘南台が37(素数!)。

羽沢横浜国大は、湘南台の次に大きい数なのです。

いずれ東急線にも直通する予定だが、新横浜は52になるのかもしれませんね。

さて、話が逸れてしまいましたが、羽沢横浜国大で電車を見送り、改札の外を散策してみました。

レンガに囲まれたエスカレーターを上り、改札口へ。

人はちらほらいましたね。

外を出ると、「羽沢横浜国大駅」という文字がかっこよく描かれていました。


SOTETSUとJR東日本のロゴが一緒に載っているのは最高です…!



貨物の線路を見に行くため、階段を上ることに。

近くには比較的大きな道路が走っていました。

ただ、コンビニなどのお店は見当たりませんでした。

線路がたくさん…!さすが貨物線ですね。

この日訪れた際は、残念ながら貨物列車を見ることができませんでした。

長い橋を渡ると、住宅街へたどり着きます。

この住宅街に住んでいる人たちにとって、羽沢横浜国大駅はどういう存在なのでしょうか?

移動を快適にするための救世主的なものでしょうか?

開通してから、地域の人にはたくさん利用されているのでしょうか?

そのへんのところはわかりません。

とはいえ、東京への直通として開通した羽沢横浜国大駅は、無くてはならない存在です。

いずれは東急線にもつながる予定なので、羽沢横浜国大駅は今後もっと便利になるはずです。

開通して3ヶ月くらいの羽沢横浜国大は、今後どう変わっていくのか?

またしばらくしたら下車して、動画を撮りたいです。

そんな感じで、初めての羽沢横浜国大を満喫することができました。

ところで、羽沢横浜国大から先が相鉄線なので、ここで一日乗車券を購入しました。


この後西谷へと向かったわけですが、その模様は次回書いていきます。お楽しみに!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA