羽沢横浜国大→西谷

#67

前回、武蔵小杉から羽沢横浜国大への移動について書きました。

武蔵小杉→羽沢横浜国大

今回は、羽沢横浜国大から西谷への移動について書いていこうと思います。

また、動画も作成しましたので、こちらもご覧ください。



まず、忘れてはいけないのは「一日乗車券」。

羽沢横浜国大からは相鉄線なので、ここで購入しておきました。



羽沢横浜国大からは、再びE233系に乗車しました(写真は後ほど)。

トンネルを下り、右カーブ。

その先を進んでいくと、地上に出てきます。

地上に出るとすぐに、西谷駅はあります。

ここで、横浜方面からの電車と合流します

この日乗ったときは、横浜方面から8000系の電車がちょうど入線してきました。

左が相鉄の8000系、右がJRのE233系

さて、西谷駅の上には東海道新幹線が通っています

相鉄線と新幹線の2ショットを上手く撮りたいなーと思っていたのですが、すごい瞬間を動画に撮ることができました。

新型の12000系と新幹線2本です…!

(詳しくは、上記の動画をご覧ください)

他にも、色々と西谷駅の写真を撮りました。


西谷の駅名標です。隣は「羽沢横浜国大」の文字が書かれています。ちなみに、反対側の駅名標だと、隣は上星川です。


反対側の3, 4番ホームには、JRのE233系と相鉄の新7000系が止まっていました。


両者の2ショットを見れるのは、なんだか新鮮でした。

この2つの電車が同時に発車する瞬間も撮れたので、興味のある方は上の動画をご覧ください。


上の写真は、西谷駅ホームを上がったところから撮影。

奥には、羽沢横浜国大へと繋がる地下トンネルが見えます。

そういえば、JR直通前にも西谷駅の撮影はしていました。まだ、7000系が現役で活躍していたころの動画もあります↓




3番ホームが横浜方面、4番ホームが新宿方面です。



改札にて。きれいな電車案内ですね。

相鉄線は、色々な車両が走っています。駅のベンチに座って眺めているだけで、とても楽しむことができますね。

また、JR直通後に、西谷駅は特急が停車するようになりました

(ただし急行だけは通過します)

それもあって、西谷駅にはたくさんの電車が休みなく停車してきます。こんな光景を見ることになるとは、思いませんでしたね…。

かつては各停しか停車していなかったのに、かなりの大出世です。

昔から利用していた人間からすると、ものすごく大きな変化だなと思いました。

この後、星川へ向かったわけですが、そのことについては後の記事で書こうと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA