ブログ論ー3

#48

さて、今回は「ブログ論」の3回目です。今まで2回書いてきましたが、今回は「私なりのブログの書き方」を中心に書いていきたいと思います。この記事を読んで、少しでもブログに興味を持っていただけたら嬉しいです…!

過去2回の記事はこちらです。

何が書かれているか?~目次~

1.毎日書くコツ

 1-1.記事の卵をたくさん作る

 1-2.日常生活すべてがネタになる

2.私なりの書き方

 点と点をつなぐイメージ

3.最後に

 3-1.発信する上での思い

 3-2.今後について

 

1.毎日書くコツ

ここでは、毎日書くコツについて書きたいと思います。

1-1.記事の卵をたくさん作る

毎日書くためには、当然毎日文章を作成しないといけません。ただ、その日その日に書くことを決めているかというと、そうではありません。常に「記事の卵」を作ることを心がけています。

何を書こうかと考えた際、いろんなジャンルが浮かんでくると思います。例えば以下のようなことが頭に浮かびます。

・今日楽しかったこと
・ある趣味に対するこだわり
・とあるニュースを見て思ったこと
・本を読んで良いなと感じたこと

それらをとりあえず、別々にメモします。どういう内容かをざっと書いておき、その文章を保存しておきます。それが、上記で言った「記事の卵」になります。

日によって思いつくことや考えることは変わってきます。「記事の卵」に関する内容で新しいアイデアが浮かんだら、メモにさらに文章を追加します。

そんなことを繰り返していき、十分な長さになりそうであれば、しっかりとした長文の文章を作っていきます。この操作を、いろんな記事の卵に関して同時に行うのです。それにより、一つ一つの記事の卵が、徐々にではあれ記事に近づいていき、やがて記事となって世に出るのです(つまり、記事の卵が孵るということですね!)。

同時並行に少しずつ記事を作る

これを行うために、常日頃から気づいたことをメモしています。それが思わぬ内容になることもあるので、とても面白いです。

毎日1から文章を作り上げることは大変なので、いろんな文章を並行して作ることが大切ではないかと思っています。

1-2.日常生活すべてがネタになる

以前、はあちゅうさんの「自分を仕事にする生き方」という本について書きましたが、

自分のやりたいことを見つけて全力で生きていると、行動すべてがネタになります。ブログであれば、日々の行動を元に文章を作ることができるのです。そうすると、毎日更新することは苦ではなくなります。

僕は1週間で最低10000文字の文章を書くことをルールにしています。

最初は大変でしたが、その分日々の生活をしっかり振り返るようになり、今まで気づかなかったことにまで考えが及ぶようになりました。

(特に7月は、身の回りのモノに着目して投稿しましたね…)

 

つまらない人生は歩みたくありません。日々の生活が楽しくてネタになれば、最高だと思いませんか…?

2.私なりの書き方

ここでは、実際に僕がどうやって書いているかを、具体例を使って説明したいと思います。

ポイントは、「点と点をつなぐイメージで書く」ということです。

以下の文章は、先週の8月4日(土)に投稿した「『er』の真意」という記事の下書きです。

=====

#573(=3×191) erの真意

erという単語で何を思い浮かべるか

er 比較をするときに使う

er 人を表すのにも使う

比較と人がなんで同じ用法なのか、とても不思議

そこから感じたこと

人は比較という行動を共にしながら生きている

競争や比較は良くない
やってしまうものだけど

リンク

=====

実際の記事はこちらです。

上の例からわかるように、まずはどんな流れの内容にするかをざっと(箇条書きで)書きます。

「リンク」というのは、この例だと後半に過去の記事のリンクを貼ることを意味します。

「er」という文字列について、まずはどういうことを想像するかを書き、その後自分なりの疑問点を提示する。その後自分の意見を書いてみて、必要なら過去のリンクを貼る。

こんなことをぼんやりと考えて、下書きを作ります。アイデアを点々と書き、それを後で文章で繋げる。「点と点を繋ぐように書く」ことで、文章が作成しやすくなるのではないかと考えています。

この方法は、文章の作成に限らず様々な場面で応用できます。例えばスライド作成であれば、まずは全体像を考えて大まかな流れを先に作り(=点を作ることに対応)、その後細かいところを詰めていく(=点を繋ぐことに対応)というスタイルが適切ではないかと思います。

他人の前で話をするときも、どういうことを話すのかを先にリストアップし、話すべき点などを項目ごとに決めていくと良いのではないかと思います。

1-1でも書いたように、1から文章を作るのは大変です。文章を作成するには「点をいくつか作り、その後繋げること」が大切ではないかと考えています。

3.最後に

最後に、ブログを書く上での思いを書きたいと思います。

3-1.発信する上での思い

このシリーズの第2回で、最後にこんなことを書きました。

「読め」とは言いません。
読んでいただけると嬉しいです。

これは、「ブログを無理して読む必要はない」ということを意味しています。

もちろん、多くの方に読んでいただきたいと思っていますが、人それぞれ忙しいでしょうし、ブログを見る時間が確保できるとは限りません。そのため、「読め」と強制するような態度ではいけないと考えているのです。

そうではなく、時間が空いたときに読んでいただければいいなと思っています。毎日更新していますが、人によっては興味の無い内容が書かれている場合もあるかと思います。

面白そうなものを、適当なタイミングで読んでいただければ良いのです。そういった意味もこめて「読んでいただけると嬉しいです」と書いています。

再度強調したいのですが、

ブログは、自分が何者かを示すためのもの

だと考えています。しっかりとした意見を持ち、周りに流されないように生きていきたいと思っています。そのため、コツコツと自分の意見を発信し続けています。

僕は、周りの視線を気にしてコソコソする行為が嫌いです。

最近は、SNSによる陰湿ないじめもあります。自分が傷つきたくないから、匿名で誰かの文句を書いたり、周りの意見に合わせようとする。

僕もかつては、このような人間だったと思います。ただ、僕の場合、周りと趣味嗜好が違っていたため、どうしても周りの視線が気になってしまいました…。自分のことをさらけ出したら嫌われると思っていたのです。

しかし、そういうスタイルで生きていくのは辛いし、自由に自分の意見を述べ、自分の好きなことを貫いていきたい。そう思うようになりました。

他人を極端に傷つけるような言動は避けるべきですが、自分の意見をはっきりと伝える勇気を持ちたいものです。

ブログで書いた自分の意見を他人が読めば、気が引き締まります。「ただ考えを書いただけで行動しないのは良くない」と思えるからです。そういうことを繰り返していくことで、自分のスタンスが確立されていくと思います。

自分の考えをアウトプットすることは大事です。インプットばかりしていても、頭がパンクしてしまうのではないかと思います。ブログでアウトプットすることは、ある意味バックアップと似ています。たとえ自分の学んだことを忘れてしまっても、文章を通して読み返せるからです。

以上のような様々な思いを胸に、これからもブログで発信し続けたいと考えています。

3-2.今後について

これまでも、ブログの投稿スタイルを少しずつ変えてきました。この記事ブログももうすぐ1年経ちますが、色々と改善していきたいと考えています。

読者が読みたいと思えるように、これからも日々模索を続けていきます。今後ともこの記事ブログを読んでいただけると嬉しいです…!

もちろん、毎日投稿している日記ブログもよろしくお願いします…!

長くなりましたが、読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA