ブログ論ー1

#41

今回は「ブログ論」と題して書きたいと思います。

僕は2014年12月からブログを書き始めており、今週の21日で3年半が経過しました。途中で飽きてしまって投稿回数が減ってしまったこともありましたが、始めてからは毎月の投稿を繰り返しています。また、半年前からは毎日投稿しており、アウトプットする文章量が今までより3倍は増加しましたね。

ここまで書き続けてきて思ったことを含め、ブログを書くことのメリットなどを書いていこうと思います。

一つ注意をしておくと、これはブログで稼ぐためのノウハウは書かれていません。文章を書きたい場合にどういったことを書くべきかという、内容面に関する内容になっていますのでご了承ください。

何が書かれているか?~目次~

1.ブログを書く理由

 1-1.自分自身を振り返るため

 1-2.相手に自分の意見を知ってもらうため

2.何を書くべきなのか

 2-1.自分の好きなことを書くべき

 2-2.自然体で、スラスラと書くべき

3.書くことのメリット

 3-1.記憶に残りやすい

 3-2.自分の言葉で物事を伝えられるようになる

4.最後に

 4-1.一つだけ注意

 4-2.まとめ

 

1.ブログを書く理由

ここでは、僕がなぜブログを書いているかを簡単に説明したいと思います。

元々は、後に出てくる1-1や1-2を意識していませんでした。長文ですが、以下のリンクに詳しく書いてあるため、そちらを参照してください。

今はしっかり目的を持って書いているつもりです。一つずつ、書いていきたいと思います。

1-1.自分自身を振り返るため

普通の日記でも同じ役割を果たしますが、当時の自分の様子を知る上で、ブログは欠かせないものになっています。

「当時の自分の様子を知る必要はあるの?」と思うかもしれません。大アリです。人には、良い面もあれば悪い面もあります。性格も人によって様々でしょう。時が経つにつれて、自分の考え方や性格というのは徐々に変わってきます。色んな人と関わって生きているからです。

ブログを読み返すことで、「当時はこういう悪い考え方をしていたのか」とか「当時は自分勝手だったな…」などと、当時の自分を客観的に見ることができます。客観的に知ることで、今後どのように行動すべきかが明確にわかってきます。

もちろん、当時の自分のことを振り返りたくない人もいるかもしれません。そういう場合は無理して振り返る必要はありません。ただ、人は失敗から色んなことを学べます。自分の悪い面と向き合うことは大切で、向き合うことで悪い面を減らしていけます。自分と向き合わない限り、前には進んでいけないと僕は考えています。

過去にどんな内容を書いたかというのは、読み返さない限り思い出せません。それは、今を精一杯生きているからかもしれません。時には立ち止まって、自分自身と向き合うことも大切だと思っています。

1-2.相手に自分の意見を知ってもらうため

僕は、自分の趣味や意見などをブログに書くことが多いです。「日記」というよりは、どちらかというと「意見箱」と言ったほうが正しいかもしれません笑。

自分の意見を書く理由としては、周りの人にも自分の意見を知ってもらいたいと思っているからです。ブログは多くの人に読んでいただいているため、情報発信にはうってつけです。

もちろん、誰かと直接の会話を通して意見を伝えることも大切です。僕も直接人と会って話をすることがありますが、自分の思っていることを‘‘全部”伝えるというのは、直接の会話においては難しいと思います。しっかり話す準備をしないと、相手に誤解を与えるかもしれないし、相手も聞くのが大変です。

僕は、日々色んなことを思いつくため、気になったことはメモを取っています。「少し整理した上で、内容を文章化して発信する」というのが僕のスタイルです。

意見が複雑であったり、多くの人に知ってもらいたい場合は、ブログが最適ではないかと思いました。(1-2に関しては、日記では実現できませんからね。)

(この内容に関しては、以下のリンクでも書いています。)

2.何を書くべきなのか

ここでは、何を書くべきかについて書いていきます。大切なのは、「好きなことをスラスラと書くこと」です。

2-1.自分の好きなことを書くべき

「相手が読むからどういう内容を書けばいいんだろう…?」と思う人もいるかもしれません。しかし、そんなことを考えるのはナンセンス。自分の書きたいことを書けば良いのです。

自分の趣味、特技、今日あった面白い出来事など、普段から書く材料になる要素は色々あるはずです。「これについて書きたいな(伝えたいな)」と直感で思ったことを書くことがベストですね。

僕は、何を書くか前もって決めておきますが、時や気分によって変わってきます。自分の思うがまま、書きたいことを書くようにしていますね。

「何を書こう…?」と悩んでいるのはよくありません。書きたいことが思いつかないのであれば、無理して書く必要はありません。自分の好きなことを書きたいときに書くことが一番です。

2-2.自然体で、スラスラと書くべき

2-1で好きなことを書くべきだということを説明しましたが、「内容をスラスラ書けるかどうか」も重要な観点になってきます。

僕は毎日ブログを更新していますが、毎日書かないといけないため、あまり執筆に時間をかけたくありません。そのためには、書けることをパパっと書く必要があるのです。

無理に文章をまとめる必要もないと思います。僕はあくまでも「日記」というスタンスで書いているため、思ったことを書き殴る感じで投稿することが多いです。その方が、後で読み返したときに「自分がどう思っていたのか」を理解しやすいですし、書き殴った書き方なら、気持ちがリアルに伝わってきやすいからです。

好きなことをスラスラと書く」というのが、僕のモットーになっています。

3.書くことのメリット

ここでは、ブログを書くことのメリットを書いていきます。

3-1.記憶に残りやすい

やはり文章にすることで、頭の中で記憶に残りやすいと思います。頭の中でぼんやりしたものが視覚化されるため、かなり効果的ですね。

昨晩見た夢の内容を、皆さんは覚えていますか?大概の人は、起きた瞬間に忘れてしまいます。しかし、夢の内容を忘れないうちにメモることで、「昨日はこんな変な設定の夢だったのか」と振り返ることができ、記憶に残りやすいはずです(たとえ忘れたとしても見返せるというのはとても大きいです)。

2-2にも書いたとおり、無理にまとめず書き殴ることで、当時のリアリティが伝わってきます。そこから新しい発見もあると思うので、僕自身は楽しみながら発信していますね。

3-2.自分の言葉で物事を伝えられるようになる

頭の中でぼんやりした考え方を言語化することで、自分が何を考えているのかがはっきりすることがあります。また、悩み事などで頭がモヤモヤしている際も、何で自分が辛い思いをしているかわかるように、紙に書き出すことも大事だと思います。

ゼロ秒思考」という本を以前読みましたが、言葉にすることで頭が整理され、プレゼンなどでは効果的に話をすることができると言います。どうしても自分の頭の中の考えを他人に説明するのは難しいため、思考の言語化」というのはやってみる価値があります。ブログを書くことで自分の気持ちの整理ができるため、かなりおすすめです。

ゼロ秒思考については、

4.最後に

4-1.一つだけ注意

最後に、ブログを書く上で一つだけ注意を書いておきます。それは、「誰かを誹謗中傷するような内容は書かないこと」です。

人それぞれ意見はありますから、何を書くかは言論の自由により定められています。ただ、「文章というのは常に誰かを傷つけてしまうものだ」ということを常に認識しておかないといけません。ちょっとした一言が、誰かを傷つける場合があるのです。

そこらへんの線引きは難しいところですが、自分の意見はしっかりと、誤解のないように書くことが求められます。僕も自分の書く文章の内容に責任を持って発信したいと思います。

関連した記事はこちら

4-2.まとめ

ここまでブログに関することを書いてきましたが、いかがでしたか?

自分を知り、相手に伝える。
好きなことをスラスラと書く。

これらの考え方を意識してブログを書くことが大切ではないかと僕は考えています。

この記事を読んで、少しでもブログの投稿に関して興味を持っていただけたら幸いです。

尚、このシリーズの続編として、「ブログ論ー2」を7/21(土)に投稿予定です。僕がブログを書く上で拘っている点などをさらに詳しく書いていくつもりです。そちらも読んでいただけたらと思います。

長くなりましたが、読んでいただきありがとうございました。

続きの投稿はこちらです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA